滋賀の名店 栗東のカーブガーデン光の穂。優雅なハーブガーデンを楽しみながらランチを楽しむ。

草津駅から車で15分くらいの栗東のカフェの紹介です。

草津や栗東を散策する為、穏やかな晴れた日に車を走らせた所、

なにやら賑わうお店を発見。

 

お店の名前は、周囲は田畑と山に囲まれ、ハーブガーデンを楽しめるカフェ「光の穂」。

えっ!こんなところに?と思ってしまいましたが、

滋賀県って、ちょっと車で移動すると、田畑や山がすぐなんですね。

 

僕は外から来た人間ですが、滋賀県のそういうところが大好きです。

自然に田畑や山が近いカフェっていいですね。

 

 

光の穂 基本情報

住所は〒520-3011 滋賀県栗東市下戸山888。

よくわかりませんが、山の方へ向かっていきました。

自宅からは、15分程度の距離でした。

 

 

 

こーんな中にカフェがあるだなあ。

今まで36年間、全く田畑に触れたことがないので、こんなに近くにあると不思議な気分です。

 

 

 

お店はテラス席があります。

晴れた日は、テラスでハーブティーを楽しむのもいい。

自分が働き盛りの年齢である事を忘れてしまいそうです。

 

 

お店の入り口には、メニューが出ています。

基本的にコース料理をオーダーした方が良さそうです。

 

まあ、2000円前後なんで、せっかくなのでここはコースにしましょう。

(どうせ嫁の懐ですからね。。。)

 

 

オーダー メニュー

メニューです。

最も高いランチを食べたいところですが、ここは静粛になり、

光の穂ランチ(お肉)をオーダーしました。

 

 

ドリンクは、下記の中から選べます。

好きなハーブティーを選択できるのって、凄くうれしいです。

 

 

前菜です。

マリネとスパニッシュオムレツです。

ちょっと酸味があるマリネと、オムレツの相性ってとってもいい。

 

普段食べる事がないスパニッシュオムレツって、

なんだか子供の時に食べたうれしい感覚が沸き上がります。

 

 

ゴボウのスープです。

ゴボウ独特の苦みが生かされています。

 

確かにいい感じの苦みを感じますが、

食べていると甘みを感じる不思議な美味しさです。

 

食事にスープがあると、それだけで華やかさが倍増します。

 

 

メインの鶏料理です。

一口大にナイフで切っていただきます。

皮がこんがり、中はジューシーな鶏の甘みを感じます。

 

かなり引き締まった鶏で、殆ど油を感じませんでした。

ソースはちょっとかかっている程度であり、鶏本来の美味しさと香りが際立ちます。

 

付け合わせのポテトサラダも、マスタード粒が入っており、

細かい工夫が嬉しく感じます。

 

 

嫁のオーダーの魚料理です。

ホイル焼きなんですね。

 

ホワーっと魚のいい香りが漂って美味しそうでした。

一口も僕にくれませんでした。

 

 

僕はパンをオーダー。

オリーブオイルと岩塩でいただきます。

 

ええ、とっても美味しかった為、帰りにオリーブオイルと岩塩を購入し、

家でもこんなスタイルで食べています。

 

オリーブオイルってパンによく合いますよね。

マーガリンやバターよりぜんぜんおいしい。

トランス脂肪酸もないから、オレイン酸の方が安心です。

 

 

マルベリー、カモミールのハーブティーです。

カモミール特有のすっきりした風味がおいしい。

 

色も綺麗ですよね。

本当はデザートと食べた方が良かったのかも。

 

お茶って味を楽しむこともいいですが、その抽出液の美しさが大好きです。

特にガラスのカップに入れると、その色合いが際立ちます。

 

まとめ

光の穂は、静かな自然の中のカフェです。

写真はありませんが、カフェの側にはハーブガーデンがあり、

自由に見学できます。

 

ランチもお手頃なお値段で楽しめるため、

休日のランチタイムにはお薦めです。

 

最新の税務記事

2019.11.07 初めての確定申告は必ず手書きで申告書を作成しよう

 

今日の言葉

I have to go: もう行かなきゃ。

結婚する:结婚 ピンインはJiéhūn ba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です