屏東観光1人旅でマッサージを受けるなら菘 足体養生館。家庭的で落ち着けるローカル店。

屏東観光では、花蓮や台東と同様に、歩く歩く。

地下鉄が発達していない為、とにかく歩く歩く。

そして歩けば疲れます。そんな時、マッサージの出番です。

 

台北や高雄って、すこぶる高いですよね。

マッサージ。

きっと屏東では、お手軽な値段だろうと思い、探していると見つかりました!

 

お店の名前は、「菘 足体養生館」

南国らしい、のんびりした外観です。

 

 

菘 足体養生館 基本情報

住所は屏東縣屏東市建民路8-2號。

駅からは15分くらい歩きます。

 

僕が宿泊した六本木MOTELからは10分くらいです。

↓地図です。

 

 

マッサージ店周辺は、まだあまり開拓できていませんが、

なかなかローカル感漂うお店が多くあります。

 

店内とメニュー

気になるメニューです。

なんとお安い!

 

60分で500元なら、台中のローカル店と同じ価格です。

全身指圧でも600元なので、台東と同じくらいの価格です。

屏東の物価の安さがうかがえます。

 

地域の物価を図るには、マッサージ店に入るのが良さそうです。

 

 

店内はこじんまりとしています。

多分マックス8人くらいだと。

 

とっても家庭的なお店です。

高級感あるお店だと、緊張してしまう事もありますが、

こんな家庭的な感じのお店も、リラックスできていいですよね。

 

マッサージしてくれたお兄さんは、必死で中国語で何かを話してくれます。

でも、僕はそれを解読できません。

 

 

ここの席に座ってマッサージ。

それ程強くはありませんが、とっても気持ちいい。

背中と首もやってくれるので、コリがとれます。

 

 

 

マッサージの良さは伝えられませんが、

終わるとズボンがすんなり入ります。

 

指圧の効果で、ふくらはぎの緊張が解けた結果です。

店を出て、再び歩き出しても、スイスイ進めます。

 

日本語や英語は通じませんが、

お兄さんたちが、必死で意思疎通をしてくれます。

そういうのって、うれしいものですよね。

 

1人旅でマッサージを受けるには、

価格もホスピタリティもお薦めです。

まとめ

1人旅をしていると、歩きます。

そして疲れます。

だから、マッサージは欠かすことが来ません。

 

500元前後なら、お手頃な価格の為、ガンガン歩くときは進んで受けるべきです。

1人旅では、「菘 足体養生館」がお薦めです。

 

最新の税務記事

2019.11.14遺言書に異議がある場合の家族間の遺産分割協議

 

今日の言葉

all along:はじめからずっと

ビスケット:餅乾 ピンインは bǐnggān

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です