相手の目線に立つのなら、親切の申し出は~しましょう!の方がずっといい。

先日高雄から帰りの飛行機から降りる際、

機内へ持ち込んだ荷物を取り出す際、荷物が奥の方へ移動してしまい、

背が高くもない僕はなかなか手が届かず、ちょっと戸惑っていました。

 

観光シーズンでもなく、平日夜の中華航空は搭乗が50%くらい。

そしたら、はいどうぞ、とこれから旅行するらしき台湾の方が取ってくれました。

 

実は初めての経験ではなく、今までも何度かあったのですが、

今回改めて、親切の申し出について考えるきかっけとなりました。

 

親切の申し出は~しましょうか?

先日、小さな子供がいる主婦の方が、外でしばしば困っている事について、耳にしました。

 

電車やバスなどの公共機関で、「~しましょうか?」

と申し出があっても、

「はい、お願いします。」

と、なかなか言えないとの事でした。

 

勿論、全ての人がそうではないのでしょうが、

他人に迷惑をかけるかもしれないから、「はい、お願いします。」

とは、言えない気持ちは何となく理解できます。。。

 

~しましょうか?という疑問形だと、なかなかYesとは返答できないため、

できれば、相手が自ら~しましょう!といった勧誘形であれば、

気兼ねなくお願いできるとの意見が多いようです。

 

ええ、きっと賛否がわかれる意見なんだと思いますが、

僕は~しましょう!という意見に賛成です。

親切は~しましょう!の方がいい

同様の意見は以前から指摘されていました。

 

確かに、疑問形で親切を依頼されるよりも、

相手自ノックアウトける意思を示された方が、何の気兼ねが無いから楽です。

 

ただし、人によっては、要するに、何も気兼ねなく助けてもらいたいのか?

大変なら素直に言えばいいのに。。。

といった声も聞かれるのかもしれません。

 

親切の申し出は、非常に難しいと感じます。

 

僕は普段電車に乗っているときは、ガラガラの時以外、座らず立つようにしています。

 

座っていても、子連れや年配の方が乗ってきた時は、

黙って立ち上がるようにしています。

 

ええ、情けないのですが、ネガティブな僕は、自ら声をかけ、

誰かに席を譲る事ができません。

 

席を譲るのではなくて、黙って立ち上がればいいとは、

大学の時の先生が演説していました。

 

相手に意思確認するワンクションを置くのであれば、

さっさと親切をすればいいと考えています。

親切は面倒くさいけど、やっぱり。。。

とはいうものの、自ら何かをしてあげるという行為は、

相手にとっては恩着せがましいのかもしれません。

 

自分が親切のつもりであっても、相手にとってはお節介。

~しましょう!と申し出ても、

「えっ!別にそんなことしてくれなくて、いいんだけど。」

と思われてしまうかも。

 

だから親切って難しいし、面倒くさいですよね。

ですが、自分がその親切を経験すると、とてもありがたみがわかります。

 

自分がその恩恵を受けたのであれば、やはり社会に返さなくてはいけません。

弱気でネガティブな僕ですが、親切を申し出るのであれば、

~しましょうと言ってみようと思います。

まとめ

台湾の南部や東部の列車、地下鉄に乗っていると、

しばしば譲り合いの姿を目にします。

 

年配の方、妊娠されている方、子連れの方へ、

席を何の気兼ねなく譲り合いをしています。

 

そんな社会は、やっぱりいいものだと感じます。

最新の税務記事

2019.11.29成年者がいる場合の遺産分割の注意点

 

今日の一言

思いやり:thoughtful consideration

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です