台北観光グルメ溫州街蘿蔔絲餅粉絲團。台北で葱餅を食べるなら、ふっらくデッカイ葱餅の溫州街蘿蔔絲餅粉絲團。

2019.05の台湾一周の際、帰国前日に台北に立ち寄った時の事。

この時の台湾一周は、宜蘭の羅東から。

羅東の名物というと、葱餅!

 

台北で僕は葱餅を食べた事がなく、どこかないかなーと探していました。

某無添加菓子のお店へ買い物を終えた帰り、偶然にも美味しそうな葱餅の店を発見。

 

お店の名前は、「溫州街蘿蔔絲餅粉絲團」。

外観は、台湾らしい力強い看板が目印です。

 

 

溫州街蘿蔔絲餅粉絲團 基本情報

住所は台北市大安區和平東路一段186-1號。

↓地図です。

 

素朴な台湾菓子や、パイナップルケーキがおいしい「手天品」を、

真っすぐ南に下がると、看板が目に入ります。

 

 

お店の前では、葱餅などがせっせと作られています。

 

 

 

油で豪快に揚げられています。

この油の匂いがまたいい匂い。

 

 

 

よく葱餅を油の塊!

という人もいますが、天ぷらだって油の塊です。

 

葱餅はスナックなどではなく、

立派な素晴らしいおかずです。

メニュー

メニューは3種類。

 

 

 

 

僕は蛋餅30元、葱油餅20元をオーダー。

なかなかのフレンドリー価格です。

 

葱油餅です。

葱の産地、羅東とは大きく異なります。

宜蘭の葱餅は、饅頭のような感じですよね。

 

 

また、台東や花蓮で食べた時は、

花のように巻かれていたり。

 

しかし、これはとっても食べやすい。

薄いように感じますが、揚げたてはふっくらしています。

葱と揚げられた小麦が、油分とマッチして最高。

 

スナックとして食べるのもいいけれど、

これはご飯が欲しい。

 

 

揚げ物好きなら調味料は不要。

揚げた小麦と葱は相性抜群です。

 

 

こちらは蛋油餅。

葱+卵バージョンです。

 

 

卵が入ると、一気にボリュームが増します。

僕は小麦と葱だけの方が美味しく感じますが、

卵が必要かどうかは、人それぞれでしょう。

 

 

 

若い学生さんが、1枚購入し、歩きながら食べていました。

お値段は30元ですが、それなりの大きさがあり、

小腹を満たすには十分です。

 

現地では、葱餅だけで食事代わりにする事はないようですが、

白いご飯と葱餅があれば、立派な食事になります。

 

小麦が油で揚げられているので、

揚げもも好きにはたまらない一品です。

まとめ

溫州街蘿蔔絲餅粉絲團の葱餅は、スナックにはぴったり。

大きさもあり、結構腹に溜まります。

 

揚げたてはふっくらしているため、

お店の側のベンチで食べるのがお薦めです。

 

大抵の人は、スクーターで購入しており、

ベンチにはあまり人はいません。

 

永康街でお買い物をした後には、

ちょっと足を延ばして、溫州街蘿蔔絲餅粉絲團でおやつを食べましょう。

最新の税務記事

2019.12.13対価の交付を省略したと認められない無対価合併

 

今日の一言

get back to you:返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です