宿泊施設で設備よりもずっと重要なこと

昨日まで宿泊していた台湾の宿は、台中を除き、

INNや民宿、カプセルを利用しました。

 

15日泊16日で、宿代合計50,000円なら、まあまあ合格ですよね。

(もうちょっと贅沢しなければ、40,000円でいけました。)

 

いわゆる日本流のおもてなしはありません。

ええ、僕はあの堅苦しいおもてなしは苦手です。

何だかさ、緊張しちゃうよね、チェックアウトやインのとき。

 

宿は最高のおもてなしでなくもいいと思います。

ええ、洗練されたおもてなしより、フレンドリーな方が、

また行きたくなります。

 

やっぱり心に残るのは人

1/1から1/3まで宿泊した墾丁My Home。

元旦は、1人で来ている日本の方もいました。

 

宿泊部屋自体はカプセルですが、

共用スペースがおしゃれで、PC作業をするのであれば、

ホテルよりも民宿等の方がおすすめ。

 

カプセルですが、立っても頭は天井につきません。

でっかいキャリーバックも開けます。

 

 

しかし、宿泊による役務の提供を受ける場合、

最も心に残る事は、設備等の快適さではありません。

 

 

宿泊業といえども、人的役務の提供が伴います。

だとすると、やっぱり心に残る事は、人です。

緊張を和らげる雰囲気

恒春半島の南端に近い墾丁は、1月頭でも25度。

地形上、風は強く心地いいですが、歩くとやはり暑い。

 

いわゆる熱帯なので、宿の方もTシャツに短パン。

雰囲気的にゆるく、Hi !と言われると、思わずHi !って返答しちゃいます。

 

カチッとした雰囲気が微塵もないから、チェックインもドキドキしません。

 

僕は何回も海外旅行へ行ってるくせに、

未だにちょっとお高いホテル(例えばさ、台南のシャングリラとか)に泊まると、

チェックイン、アウトで緊張します。

 

嫁と一緒の時は、相手の希望もあり、ホテルを選ぶこともありますが、

カチッとしたホテルは、やはり言葉の問題もあり緊張します。

 

多分、そういう人いると思います。

宿泊施設の場合、宿の店員と接する時なんて、チェックイン、アウトの時くらいです。

 

しかし、その限られた時だからこそ、非常に強く印象に残ります。

フリー&イージー

緊張する場面で、ユルイ感じで手を振りながら見送ってくれたり、

宿に招いてくれたりすると、それだけで気分は明るくなります。

 

ええ、決して洗練された光景ではないのですが、

そのどこか緩くもフレンドリーな姿が、宿泊そのものの価値を高めていました。

 

日本の老舗が見られるような、深いおじぎなどありませんが、

自由度高さとフレンドリーな雰囲気は、

おそらく最も人をリラックスさせるのかもしれません。

 

相手に緊張させないことって、接客する上で重要なんですよね。

なるほど、free&easyの意味がよくわかりました。

 

ええ、僕も日本の税理士として、

Hi !

って言える雰囲気で来週から仕事をしていきます。

 

まとめ

今回宿泊した合計7件の宿は、どこもフレンドリー。

うち6件は民宿やINNで、どこも自営業の所もありました。

 

ええ、若くして夫婦で民宿されているところもあり、

自営であればあるほど、その雰囲気が色濃く出ていました。

 

国は変わっても、自営業ってそういうものなんですね。

 

最新の税務記事

2020.01.09生存中に受け取るがん保険の生存給付金等の課税関係

 

今日の一言

Don’t you see?:わかんないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です