小琉球観光グルメ夏味鮮海鮮。海の幸を楽しむなら地元の人が通う夏味鮮海鮮なら間違いない。

僕が年末年始訪問した小琉球は、

12月、1月はシーズンオフ。

 

観光客はいるものの、台湾の方が殆どでした。

気温は25℃で、歩くと汗ばむ気温でしたが、

風が強い地域のため、やはりこの時期は涼しく感じます。

 

観光客向けの飲食店は、クローズの店も。

 

だからすんなり、地元の人が通うお店を楽しめます。

小琉球に滞在した2泊の夕食は、宿の一押しの、

「夏味鮮海鮮」へ2日とも訪問。

 

海産物の為、それなりの値段ですが、

台湾独特のスープは、やはり新鮮な素材の味が引き立ちます。

 

↓外観です。

 

 

夏味鮮海鮮 基本情報

住所は屏東縣琉球鄉民生路35號。

小琉球の飲食店が多い通りです。

 

飲食店の数はそれ程多くないので、

ウロウロしていると、どこで食事をしようか迷います。

 

オフシーズンは、素直にオススメの店を、

宿の人に聞くことをお薦めします。

 

↓地図です。

 

お店の中は円卓が5つほど。

僕は1人だったので、若いお二人カップルと相席。

 

こじんまりしていますが、調理をする方も若くてハキハキ。

注文を取るお姉さんも、忙しそうだけど、

イクスキューズミーすると、とってもフレンドリー。

 

日本語は通じませんが、とても心地が良いお店です。

 

ちなみに2日目は、店内が混み合っていたので、

外のテラスでいただきました。

 

 

店員さんが、蚊取り線香を用意してくださり、

何だか少し申し訳なく。。。

 

メニュー オーダー

↓メニューです。

 

 

 

東港や墾丁、恒春も同様ですが、

海産物のお店はどこもこんな感じのお値段。

 

しかし、屋台で魚介類を購入しても、

それなりの値段になるので、僕はお店で食べる事が好きです。

屋台はどうしても、揚げ物中心ですから。

 

パイナップル蝦が気になりますが、

一日目は煮魚とあさりのスープをオーダー。

 

煮魚はガッツリ1匹です。

 

 

 

スッゲー贅沢ですよね。

ちょっと時間はかかりますが、出来立てほやほやの煮魚です。

 

 

こんなん日本で1匹食べたらいくらでしょう?

 

フワフワの白身魚です。

煮汁は至ってあっさりの砂糖と醤油ベースです。

 

 

 

フワッとした煮魚は久しぶりだったので、

思わずガツガツいただきました。

 

やっぱり煮魚には、白いご飯です。

 

そしてあさりのスープ。

 

 

っていうか、でかい!

軽く3人から4人分はあります。

 

120元程なのですが、破格でしょ!

 

スープは中華系塩味のかなりあっさり系です。

スープの殆どは、アサリのだしです。

 

 

濃縮されたアサリのスープは、言うまでもなく旨い。

あさりはツルンとしてて、これまたガツガツいただきます。

 

スープは本当に堪らないコクがあり、

できればこれで雑炊を作りたい美味しさです。

 

2日目の夜は刺身をオーダー。

今回の旅行では、6回刺身を食べました。

その中の第1回目です。

 

 

よくわからなかったのですが、

この日のこちらのお店の刺身総合は、

白身魚のお刺身でした。

 

ええ、色がキラキラして綺麗だったんです。

僕は地元静岡で、あまり白身魚の刺身を食べる習慣はなく。。

 

 

 

静岡で刺身といえば、大抵マグロでした。

だから白身魚のお刺身は、とっても新鮮。

 

お味は脂分が少なく、とってもスッキリ。

ですが、白身魚特有の引き締まった甘さがギッシリ。

 

結構な厚切りの刺身です。

 

台湾の醤油はやや甘目なので、

これまた刺身によく合います。

 

赤身のマグロとは違った甘さと口当たりが、

また癖になる味です。

いや、白身魚ですが、しっかりとした魚の脂を感じます。

 

15切れでの提供でしたが、

ガツガツ食べてしまいました。

 

そして牡蠣のスープです。

前日に懲りずまたでかい!

 

 

ええ、スープは牡蠣のだしで一杯。

もはやこれで雑炊を作りたい気分です。

 

小ぶりの牡蠣がどっさり。

120元で、何人分を想定しているのだろう。

 

 

スープにはややショウガが効いており、

それがまた牡蠣の旨みを引き立てています。

 

魚介類のお店では、スープが必須です。

 

料金は、1日目も2日目も、

400元ほどでした。

 

 

まとめ

小琉球で魚料理を楽しむのであれば、

夏味鮮海鮮がおすすめです。

 

オフシーズンは、観光客向けの店は閉まっている事が多いですが、

地元の人が通うお店に行けるいい機会です。

 

小琉球で魚料理を堪能するのであれば、

オフシーズンがおすすめです。

最新の税務記事

2020.01.16振替納税を利用する場合の預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書の書き方

 

今日の一言

mistakenly:間違って

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です