周りの税理士さんも僕と同じ普通の人間

2月に入り、租税教室や確定申告の当番など、

表向きは税理士として参加する場所で行く機会がありました。

 

輪に参加する事は、随分していない為、

久しぶりだと緊張するものです。

 

さて僕は税理士さん!というと、拒絶反応がありました。

 

ええ、だってカチッとしていて怖いし。

自分よりエリートっぽくて、稼いでそうだし。

会話をすると、自分がヒモ状態の低所得者である現実を認識してしまうし。

 

しかし激コミの確定申告会場で、他の税理士さんの触れ合ってみると、

また指導している姿を見ていると、実はみんな普通の人間なのだと気づきました。

 

税理士さんも普通の人間だと知る

昨年地元での確定申告の当番は、etaxの代理送信のみでしたが、

今年は確定申告会場での住宅ローン担当と巡回指導でした。

 

激コミの会場で、手書きの指導をするとは、

僕は当日まで知りませんでした。

 

ドッキドッキの超緊張。

ああどうしよう、オレ自信ない。

と冷静を装っていたら、知り合いの税理士さんが、

「緊張しますね。」と一言。

 

よく周囲を見渡すと、固い表情の方もチラホラ。

何をどうするのかわからない方も。

 

当然なのですが、周りの税理士さんも、

みんな緊張するものだと知りました。

ボスも緊張し不安を感じると知る

混み合う申告会場では、税理士さん同士で質問しあう光景も。

 

僕も他の税理士さんに確認した事項もあり、

逆に他の税理士さんから聞かれた事もあり。

 

僕は個人事業主としての自覚が無く、

自分が未だに会社員のようなフワフワ感じでいます。

 

だから周囲の税理士さんとみると、

独立して立派な(権力も経験がある)ボスというイメージが強く。。

 

そのボス集団の中の自分の立ち位置がわからず、

怖い怖いと税理士登録した時から、ずっと怯えていました。

 

しかしそれは、僕が勝手に思い込んでいただけです。

 

お互い質問し合ったり、わからない事を確認する光景は、

僕が職員であった時の光景そのものです。

 

実は年季が入ったボスたちも、同じ人間で緊張し、不安な事もあるのだと知りました。

周囲にいい税理士さんは沢山いると知る

他の税理士さんの納税者への接し方をみていても、

いろいろな人がいるんだなあと感じます。

 

堅い表情の人、笑顔で雑談しながらの人、ちょっと強めの態度の人、

混み合っていても、楽しそうに接する人。

 

おそらくは、その人の仕事のスタイルが自ずと表れるのでしょう。

 

また周囲をみていると、状況に応じて臨機応変に対応する人。

正か誤か、即座に判定できるベテラン。

 

自分以外の多くの税理士さんの仕事の表現を学ぶことができる場は、

またとないベストな機会であると知りました。

 

人と接した方を見ていると、

その人の人柄が色濃く出るなーと感じます。

 

僕は周囲にどう思われたのだろう?

 

独立するとしないでは、経験値が全く異なるといいます。

僕はそれよりも、物事の感じ方が大きく変化しました。

 

税理士は〇〇〇とかいう情報を多く目にしますが、

それこそ、ネットの情報を信じ、現実をみていない部分もあるのかもしれません。

 

少なくとも、僕の周りには、年齢問わずいい税理士さんが沢山います。

まとめ

僕は同じ支部で税理士さんで、

長く付き合っていきたいと感じた方には、

先生と呼ばす、〇〇さんと呼ぶようにしています。

 

相手には失礼かもしれませんが、

僕なりの勝手な礼儀のつもりです。

 

そういう人を、沢山見つけていきたいと感じます。

 

今月はあと2回、代理送信の当番があります。

もっと上手くできるように頑張る所存です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です