屏東観光グルメ厚生水餃。平らの蝦水餃子が絶品の厚生水餃でガッツリディナー。

2019.08訪問時の屏東のお店です。

真夏へ屏東は午前中はカンカン照り、

そして午後3時を過ぎると必ず雷雨が発生。

 

夕方マッサージ後、なかなか雷雨が収まらず、

夕食のお店を探していたら、近くにお店がある事を思い出し。

 

宿泊したMOTELやファーマーズマーケットのすぐ側に、

「厚生水餃」があり湯気を上げていました。

 

↓外観です。

ファーマーズマーケットを歩いた人であれば、

必ず目にしている看板です。

 

 

厚生水餃 基本情報

住所は屏東縣屏東市建民路119號。

↓地図です。

 

ファーマーズマーケットが終わりの果物屋さんを右折すると見えます。

 

 

店内の様子です。

夕方17時くらいで激しい雷雨だったので、

お客さんは僕一人です。

 

 

 

 

店内は清潔、そしてテーブルは結構あります。

外観からは古くから経営されているようですが、

店内は改装したのでしょうか?

 

そして僕は1人用の席につきます。

 

お店の外では賢明に餃子が作られています。

 

 

 

メニュー オーダー

メニューです。

かなりフレンドリーな価格です。

 

麺類の殆どは小が50元です。

他をオーダーしても、1人なら100元もあればお腹いっぱいに。

 

 

 

これらはもやしと筍のスープです。

無駄な味付けはありません。

 

あっさりとした中華系のスープですが、

食前のスープは疲れた体を癒します。

 

あっさり系のスープは具材の美味しさが直接伝わります。

しかし、それなりの量があるので、

メインの前に完食しないようにしましょう。

 

 

 

蝦餃子の麺です。

ビックリしたことが、

平らの餃子でした。

 

結構おおぶりな春巻きのような餃子です。

スープはやっぱりあっさりした中華系です。

 

台湾らしい一般的な麺料理の特徴を感じます。

 

 

餡には蝦が3尾。

ツルンとして、こういう餃子もいいですね。

ちょっとツルツルし過ぎで苦戦しましたが、

もっちりしていて中華系のスープによく合います。

 

スープの主張が強すぎない方が、

水餃子は旨みを感じやすくなりますね。

 

これは焼いても揚げても美味しそう。

 

 

麺は大好きな平らの麺です。

スープの味がよく絡みます。

 

具材はお肉と葱、もやしと至ってシンプル。

でも麺料理は麺を食すので、

主張しすぎない旨いスープと麺がメインです。

 

平たい麺は意外に量がたっぷりで、

食べごたえがありました。

 

 

まとめ

厚生水餃は結構ガッツリ系の麺や餃子のお店です。

全体的に味はアッサリなので、

物足りない人は店内の調味料を使いましょう。

 

調味料なしでも十分おいしさを感じます。

特に平たい蝦水餃子はモチっとツルっとしていて、

非常に満足です。

 

ファーマーズマーケットのでのお買い物後のランチにもお薦めです。

最新の税務記事

2020.02.04確定申告会場には医療費の集計、投資信託の信託財産の割合がわかるものを忘れずに持参しよう

 

今日の一言

whatever it takes :何を犠牲にしても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です