屏東観光グルメ八百碗豆花。東港では数少ない綺麗な豆花の店舗といえば八百碗豆花。

2019.08東港訪問時のお店の紹介です。

東港から恒春へ向かうバスを待ってる途中、

45分程時間があったため、10時のおやつをいただくことに。

 

台湾でおやつと言えば、豆花が真っ先に思い浮かびますが、

唯一知っている豆花のお店は、夕方からの開店です。

 

というわけで、東港で唯一店舗のある豆花のお店に訪問しました。

お店の名前は「八百碗豆花」。

 

↓外観です。

 

 

 

八百碗豆花 基本情報

住所は屏東縣東港鎮11號。

↓屏東バスステーション(セブンイレブン)を通り過ぎた角のお店です。

 

 

店内はパン屋さんと一体となっており、

テーブル、いすも多く広々しています。

 

冷房ガンガンのため、真夏の暑いときの休憩にはぴったり。

東港はカフェ等も少なく、

なかなか休憩場所がありません。

 

なお、店員さんはやや硬めの表情です。

 

 

 

 

オーダー メニュー

メニューです。

 

 

 

 

価格は50元しないというフレンドリー。

伝統的な豆花からタロイモまで。

 

まだランチ前だったので、

原味豆花35元にしておきました。

 

 

 

台湾でよく見かける豆花です。

トッピングは落花生にしました。

 

ぷるんとそれなりにたっぷりな量です。

豆乳の香りが強く、なかなか味は濃そうです。

 

 

 

シロップはとてもあっさりした甘さ。

豆花は豆腐の味が濃いめです。

 

落花生の風味が味の締めとなっています。

なかなかの濃い味の豆花です。

 

僕はあまりタロイモが好きではないので、

トッピングをしませんが、周囲のかたはガンガンタロイモでした。

 

 

 

この日は北部では台風が到来して会社や学校が休止。

東港は恒春はカンカン照りで旅行には問題ありませんでしたが、

かわりに猛烈な暑さでした。

 

そんな日は、冷たい豆花に落花生、小豆のトッピングがお薦めです。

まとめ

今まで東港に訪問したのは2019-2020年の年末年始を含め3回。

カフェというカフェを知らない為、

八百碗豆花のような店舗は非常に貴重です。

 

東港でゆっくり豆花を食べるのであれば、

八百碗豆花がお薦めです。

最新の税務記事

2020.02.04確定申告会場には医療費の集計、投資信託の信託財産の割合がわかるものを忘れずに持参しよう

 

今日の一言

it is not an issue:ひとそれぞれ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です