恒春半島西海岸をぐるっとツーリング4阿信巧克力農場。恒春のチョコレートファーム阿信巧克力農場はカカオを間近でみながらロハス。

2019-2020年の年末年始、恒春半島西海岸のツーリング4です。

美しい岩礁の萬里桐に立ち寄った後、

目と鼻の先のチョコレートファーム阿信巧克力農場へ。

 

屏東県の超有名なチョコレート農場というと、

以前紹介した福灣莊園チョコレートが第一です。

→ 屏東観光グルメ福灣莊園チョコレート。屏東カカオといえば福灣莊園ですよね!

 

そして恒春半島西海岸のチョコレート農場といえば、

阿信巧克力農場。

 

僕はどちらかと言えば、

阿信巧克力農場の方が好きかなー。

 

↓地図です。

住所は屏東縣恆春鎮萬里路27-8號。

 

萬里桐から歩いても5分ほどです。

ここは合わせて訪問しましょう。

 

 

阿信巧克力農場はこんなところ

阿信巧克力農場は福灣莊園チョコレートとはやや異なり、

自然散策がメイン。

 

だから結構な山登りになります。

真夏はガンガン日に照らされ、

とてつもない暑さでしょう。

 

 

 

 

入り口でチケットを購入しましょう。

200元ですが、100元分は中の売店の割引券となっています。

 

施設内はかなり整備されており、

入場料100元と考えると、かなりフレンドリーです。

 

 

 

 

 

 

夏は沢山虫がいそう。。。

12月30日でよかった。。。(12月でもこの日は28℃くらい。)

 

 

 

 

敷地内はかなり広く、少しだけ紹介。

ここの見どころは、自然のカカオを間近で見れるとことです。

 

人によっては、もっと華やかな施設がいい!

という人もいるでしょうが、そういう方はあまり向かないかも。

 

でもすっごくいい場所ですよ。

風が吹き渡り、静けさのなかでカカオが揺れ動きます。

自然ばかりで気持ちいいです。 

 

 

まだ未熟のカカオです。

こんな風になってるんですね。

 

 

 

 

 

熟してきたカカオです。

台湾ってなんでも育つんですね。

 

 

 

 

かなり色が濃くなっています。

こんなカカオの木があちらこちらに。。。

 

1人でこんな風にカカオの木の中を散策できるのって、

日本ではまず味わえません。

 

思う存分、自然の中を満喫できます。

 

 

 

 

さて歩きます。歩きます。

この日はキャンプや原住民の踊りも開催されていました。

 

静かでいい場所です。

しかし側にはリゾートホテルがあり、

ハイシーズンは混み合うのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

高い所まで登りました。

かなり暑いです。

 

実際はかなりの眺めです。

 

 

 

 

 

施設内にはいくつかの売店があります。

チョコレート農場にきたら、やっぱりチョコレートを食べますよね。

 

 

ああ!おいしそう。。

そうそう、こういうのが目当てでした。

 

 

 

 

うわー生チョコが美味しそうですね。

台湾の形をしたチョコレートも買いたい!

 

ですがこの日は旅行5日目でまだ12月30日。

1月10日の帰国の事を考えると、ここで購入はできません。

 

ああ、残念。。。。

 

 

 

 

 

 

アーモンドココア、ココアパウダー、カカオ茶も販売されています。

カカオ茶はフーワンチョコレートの購入した時美味しかったので、

ここでも1箱購入。

 

 

 

 

そしてせっかくなので、アイスをいただきます。

いろんなのがありますが、チョコレートをいただきます。

 

 

 

この日購入したのは、カカオ茶、100%ココアパウダー、

そしてハイカカオアイス。

 

チョコが苦くて美味しい。

自然の中でカカオを沢山見物できて、いつもと違う風景をみれて、

美味しいチョコを食べたり購入したり。

 

バイクでの1人旅には、申し分ない場所です。

 

 

農場というよりは、観光用に整備された施設です。

ですが、カカオの木はなかなか見る事ができません。

 

一度は訪問してもいい場所です。

でもきっと、真夏は日陰が無く、とてつもなく暑いでしょう。

 

まとめ

今回は、恒春西海岸の阿信巧克力農場を紹介しました。

12月の西海岸は気温が25℃。

 

ですが湿度は低く、非常に風が気持ちいい。

チョコレート農場の楽しむには、快適な気候でした。

 

西海岸1人旅には、阿信巧克力農場で散策がお薦めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です