独立開業して得られた事は忘れていたドキドキ感とワクワク感。

「もしかして、ネガティブなふりをしていませんか?」

今年に入ってからブログ経由でいただいた、ある励ましのメッセージです。

 

ええ、僕は会社員の時、忙しいフリは得意でしたが、

ネガティブにはネガティブです。

 

昨日だって、やっぱり就職しよっかな?っとか考えてたり。

フリーランスってコスパ悪いなあ(僕の場合は)って嘆いたり。。

 

子供の時にウジウジしていると、母親からはしばしば、

「お前は女のくさった奴だ」と言われたものです。

 

しかしこんな僕でも変化した部分があります。

若い頃に好きだった感覚、未だに好きだと感じる感覚を、

独立をしてから肌で感じます。

 

会社員を辞めてから、忘れてしまっていた

初めてに人と会う時の、あのドキドキ感を感じます。

 

緊張感とは異なるドキドキ感

僕の初めてのお仕事は、昨年7月に問い合わせがあった税務相談です。

それからは、毎月コンスタントに相談の問い合わせが。。

 

個別相談って、事前にある程度の質問、事情をうかがっても、

当日は凄く緊張しますよね。

 

回数を重ねても、未だに緊張感は抜けなく、

始めたばかりのころは、

「ああ、嫌だな。難問だったりうまくてきなかったら、どうしよう。」

と、1人でブルーになっていました。(今も。。)

 

全ては僕の自信のなさから起因している現象なのですが、

当時から、不思議な感覚を覚えていました。

 

確かに緊張して、嫌だな、という思いがあるのですが、

心のどこかにワクワクしている自分がいました。

緊張や不安とは、性質を異にする感覚です。

 

どんな人なんだろ?何をやっているんだろ?

単純ですが、初対面で人と出会うときの、あのワクワク感です。

 

根暗で初対面が苦手なくせに、ワクワクしてました。

忘れていたワクワク感

今年の年明け台湾滞在中に、お問い合わせをいただき、

帰国後すぐに訪問する最中、そのドキドキ感をハッキリ覚えてます。

 

20歳前後に感じたドキドキ感というと、

・合コンに参加する時のドキドキ感

・初めて訪問する国のワクワク感

・税理士試験開始10分前のワクワク感(←楽しかったよね?)

 

・好きな子に告白する前日のワクワク感

・1人で知らない場所へ旅行する時のワクワク感(今も)

 

僕は初対面の時は常に、

「上手くできなかったら、どうしよう。。。」

と、マイナスの事を推し量る傾向があります。

 

そしてそれと同時に、若い頃に感じていた、

人と会う時のあのドキドキ感、ワクワク感が沸き上がってきます。

 

会社員だった時には、感じなかった感覚です。

仕事でワクワクするなどあり得なかった

僕はネガティブなくせに、

昔からドキドキ・ワクワクするのが好きです。

 

こんな事を書くと批判されるかもしれませんが、

税理士になるつもりは無かったのに、受験していた理由の1つは、

本試験が接近するにつれて沸き上がる、あのワクワク感でした。

 

模試やテストなど、僕はしばしばD判定な受験生でしたが、

「どんな問題がでるのかな?」と、ワクワク感が。。。

精一杯勉強をした年ほど、その感覚が強かった気がします。

 

毎回1人で旅行に行く前は、結構ブルーです。

また現地で骨折したら。。

デング熱に感染して発症したら。。。

現地で地震などの災害にあったら。。。

 

それど同時に、自分が踏み入れた事が無い景色、

初めて訪問する場所はどんな世界なのか?

到着すると、ワクワク感が沸き上がります。

 

大学の時、好きな子に告白する前の日とか朝って、

凄くブルーな時間でした。

何か面倒だし、やっぱり言うの止めよっかなーって思った人もいたよね?

 

しかしやっぱり、あのドキドキ感、ワクワク感がそれに勝ってしまい。。。

 

そんなワクワク感は、仕事とは関係がないプライベートだから。

仕事は厳しいものであり、まして遊びではない。

 

ずっとそんな風に決めつけていました。

自分が仕事をしていて、ワクワク感を感じることなど、

有り得ないと思っていましたが。。

ワクワク感を摩耗させないように

まだ1年しか経とうとしていないのに、

変化や気づきが起こるのだなあと、実感しています。

 

税理士が楽しい!

税理士になってよかった!天職だ!

などとは微塵も思いませんが、ワクワク感を感じたことは、本物でした。

 

未だに感じるドキドキ感やワクワク感は、

おそらく精通していくにつれ、やがて摩耗していくものなのでしょう。

 

ええ、最近実感している夫婦生活と一緒ですよね。

ホント、嫌っすよね。

 

新鮮だった時のまっさらな気持ちや、

若い頃のワクワク感ドキドキ感を忘れてしまうって。

 

まだ税理士を続けている間は、

そのワクワク感を摩耗させないように磨いていきます。

 

僕なんかより、ガンガン仕事をしている新規開業者は沢山います。

有能な税理士さんは、世の中にザックザック。

 

ええ、社会通念上のエリートの方は、

こんなくだらないブログを書いている時間など普通はありません。

 

そしてガンガン仕事もせず、有能でもない税理士の僕は、

廃業セミナーをするつもりでしたが、まだ当面はする予定がありません。

 

なのでこの1週間は、暗い開業1年目をアップしていく所存です。

まとめ

仕事をしていてワクワク、ドキドキした事は、

もうしかしたら、今までなかったのかもしれません。

 

1年経とうとしていますが、まだ目の前が明るいとは感じません。

自分がどこに向かおうとしているのかも、イマイチはっきりせず。。。

 

それでもワクワク、ドキドキできた事に感謝をしています。

 

最新の税務記事

2020.03.22ポイント発行店や系列店でポイントを値引として利用する場合の会計処理

 

今日の一言

master of both A and B:二刀流

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です