高雄観光グルメ枝仔氷城旗山総店。バナナ産地の旗山でバナナを食べるなら枝仔氷城。

2019年8月の1人旅訪問時のお店の紹介です。

高雄で嫁と待ち合わせる為、墾田から高雄に10時に到着。

 

わざわざ朝早く高雄に到着した理由は、

バナナの産地「旗山」へ行く事です。

 

そして旗山のバナナデザートと言えば、「枝仔氷城旗山総店」

高雄市内にも複数の店舗がありますが、

まずは旗山の本店で行くでしょうよ!

 

外観です。

片田舎の旗山ではでっかい建物です。

 

 

 

 

枝仔氷城旗山総店 基本情報

住所は高雄市旗山區中山路109號。

 

↓地図です。

 

 

旗山のメイン通りはこんなバナナが並んでいます。

こんなカラフルなバナナ初めてかも。。。

 

 

 

 

メニュー オーダー

メニューです。

もっとレトロかと思いきや、割とモダンでした。

 

 

 

 

夏はマンゴースムージもありますが、

ここはやはりバナナが食べたい。

 

 

 

バナナパフェです。

バナナにバナナチップ、バナナアイス。

 

バナナのねっとり感が強いアイスは最高です。

台湾のバナナは本当にネットリしています。

 

濃厚な甘さというよりかは、

ねとーっとした、まろやかな甘さです。

 

だからジャムにすると、非常にその旨みがよくわかります。

 

 

 

バナナボートです。

ああっ!アイス3つの内、2つがチョコアイスとベリーアイス。

 

3つともバナナがよかったのに、残念。。。

バナナボートって、何か夢があります。

 

 

バナナボートは、カップルや家族で食べる人が多いようです。

僕は1人で2つ食べましたが、

こんな僕でもペロリといけます。

 

2つで150元くらいだったと思います。

台湾デザートにしては、やや高額だと思いますが、

日本円換算ではかなりお安く感じます。

お土産

旗山ではお土産も魅力的です。

僕はこのあと、まだ10日間程滞在したため、購入しませんでしたが、

バナナケーキが旨いんです。

 

もちろん、高雄の支店でも購入可能です。

 

 

 

やや小ぶりでこんな可愛い。

単なるパイナップルケーキに飽きたら、

バナナケーキがお薦めです。

 

 

 

まとめ

今回は旗山の「枝仔氷城旗山総店」を紹介しました。

高雄の街中でもいただくことが可能ですが、

やはり旗山の本場で食べたいですよね。

 

旗山は賑やかで元気な街であり、側には自然豊かな美濃も。

両者は少しづつ投稿していきます。

 

美濃にはオシャレなINNも沢山あり、

旗山、美脳だけを的に絞って、旅行をすることもお薦めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です