台東観光グルメ池上 巧本味蔬食人文料理。池上で美しいビーガン料理をいただける巧本味蔬食人文料理は絶品。

2019年8月の1人旅で訪問したお店の紹介です。

 

このブログでも紹介した「楽米焼」で大判焼をいただく前、

米の産地池上で、初めてビーガン料理を堪能。

 

何となくふらりと入ったけれど、

あまりの美味しさに、池上弁当よりも満足感があります。

 

お店の名前は「巧本味蔬食人文料理」

ここはできれば投稿したくなかった、とっておきのお店です。

 

台湾全土ではビーガン料理をいただいてきましたが、

ここのお店が一番美しくてうまい!

 

↓外観です。

 

 

 

巧本味蔬食人文料理 基本情報

住所は台東県池上鄉台東縣靜修路958。

やや年季の入った一軒家です。

 

↓地図です。

 

 

店主は英語ペラペラ。

僕が日本から来たことを言うと、おすすめメニューを紹介してくれました。

 

お店の中はこぢんまりとしています。

お席はそれ程ありませんが、パーソナルスペースは広く快適です。

 

 

 

 

 

台湾でよくある風景ですが、

お子様たちが、お勉強をしていました。

 

お1人用のカウンター席もあり、また店内の装飾も温かい。

 

 

 

 

池上特産のはちみつも販売されています。

僕は同じものを、台東鉄道広場で買いました。

 

ライチ、百花蜜、ロンガンハチミツが揃います。

僕は毎回、ロンガンハチミツを購入します。

 

価格も700元から800元ほどで購入でき、

日本で絶対に味わえないロンガンの風味は、

ヨーグルトによく合います。

 

ここで購入できるなんて!

お財布に余裕があれば、これは購入すべきです。

 

 

 

 

オーダー メニュー

メニューです。

左は韓国式の海苔巻き、右はカレーや麺類です。

 

 

 

中国語がわからない場合は、英語のメニューが。

こちらの方が、想像しやすいかもしれません。

 

以前、花蓮のビーガン料理のお店で、凄い量が出てきた事を思い出し。。。

ここはExtraは止めておきましょう。

 

 

 

 

名前から気になった薬膳ヌードルです。

おお!想像したものと違う!

 

もっと漢方っぽいものを想像していましたが、

結構なオイルリッチ系。

 

でも野菜の緑の鮮やかな色が美しく。

オイルがキラキラしていて、食欲がそそられます。

 

野菜の名前はわかりませんでしたが、

緑のペーストが凄く綺麗。

 

麺はソースがよく絡む、平たい麺です。 

 

 

 

いうまでもなく、ツルンといただける麺は最高の味です。

全体的にあっさりとした塩味ですが、

野菜のペーストソースにやや味が付いている為、物足りなさはありません。

 

青菜の甘みも感じられ、オイルと合わさると、

王道の炭水化物に変化します。

 

ほぼ青菜のソースで食べており、

お野菜の味そのものが感じられ、大満足です。

 

 

 

 

 

色鮮やかで、美しく、最高の一品でした。

やや量は少なめに感じましたので、

Extraでもいいかもしれません。

 

池上では、王道的な池上弁当よりも、

巧本味蔬食人文料理でのランチがお薦めです。

まとめ

今回は台東の池上 「巧本味蔬食人文料理」を紹介しました。

いろいろなビーガン料理が楽しめ、色鮮やかな見た目は美しい。

 

量は腹八分なので、複数人で訪問した場合は、

いくつかシェアするのがお薦めです。

 

池上のランチは巧本味蔬食人文料理がお薦めです。

最新の税務記事

2020.04.22非居住者に対する国内給与と短期滞在者免税制度

 

今日の一言

nothing beats ~:何よりも素晴らしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です