ネット営業とリアル営業。自分にマッチするのはどっちだ?

昨年の6月初め、東京の神田まで、とある税理士さんの開業セミナーに。

開業セミナーに申し込んだのは、その時が最初で初めて。

 

2017年、税理士登録の方法を調べていた時、

その税理士さんのブログに辿り着きました。

 

今はあまり同業の方のブログは見なくなってしまいましたが、

当時、ブログを読んでいた僕は、

凄いなあ。こうやってセミナーを開くまでになるなんて。。。

と、率直に感じてました。

 

ネット営業とリアルな営業は並行する事が望ましい。

リアル営業は行った方がいい。

 

そう教えていただきましたが、

僕は未だに、リアル営業をすることができないでいます。

 

ガンガン仕事したい欲がある

この5月、単発の契約や相談の受付が、コンスタントに続きました。

自分の事を話すと、よく話題に挙がる事に、営業の方法があります。

 

今までも新規の方とお話しをする時、必ずと言っていい程、話題になりました。

 

食っていける程、ガンガン仕事が舞い込んでいるわけではありませんが、

僕は、ブログとHPしか営業していませんと、真実をありのままに答えます。

 

今の僕は会社員の時だったように、

3月決算法人がたんまりあって、朝から夕方までさあ、大変!

という状況ではありません。

 

今日は午前中はHPの投稿をして、メール問い合わせの返信、

午後はオンライン会議を行い、そそくさと夕食の買い物へ。

 

ゆったりをしていますが、僕も20代の頃はガンガン残業していた人間です。

 

ゆったりとリラックスして仕事をしていると、

もっと忙しく、時間を忘れてガンガン仕事したいという思いに駆られる事があります。

 

こんな時、やはりリアル営業が必要なのかと心が躍ります。

 

ネット営業のドキドキ感

とはいうものの、僕はおそらくリアル営業はしません。

わかっちゃいるけどやりません。

 

集団の中に参加したり、同業や異業種の集まりに参加したり、飛び込みだったり。

外に出かけて、自分を宣伝してみたり。

それらが苦手だということもあります。

 

しかし、見ず知らずの方からHPに問い合わせがあった時

沸き上がる緊張感を忘れられないからです。

 

表現は適切ではありませんが、絶叫マシーンに乗る前のあのドキドキ感です。

 

ドキドキ感は不安が交じり合っていますが、

危ういサーフィンをしている感覚ではありません。

 

そのドキドキ感を感じてしまった時、

こんな僕ですら、頑張ってみようという気になります。

自分にあった営業方法は何だろう

いろいろな業種のフリーランスの方と話す機会があったのですが、

リアル営業をしていない人の方が珍しいようです。

 

確かに、リアル営業とネット営業はどちらが効率がよく効果的かというと、

明らかにリアル営業の方だと感じます。

 

リアル営業の方が人脈も広がるし、

関わった人間が、将来どこかで仕事に繋がる可能性があるからです。

 

ガンガン仕事をしたい

実務をガンガン積みたい

 

沢山顧客を獲得したい

沢山稼ぎたい

 

僕も人並みの野望と欲望を兼ね備えているので、

当然ですが、他人の事を羨みます。

 

ただ、自分がストレスが溜まる仕事のとり方が、

果たしていいのかというと。。。

 

リアル営業が得意だったり、好きな人がいる一方で、

僕のような壊滅的に嫌いな人間もいるはずです。

 

人それぞれに適した仕事のとり方があるのだと、

今は信じていく所存です。

まとめ

1年が経つのは本当に早いものです。

去年の今ごろと、「ああ、これからどうしよう。。。。」と、

セミナー後の懇親会で弱気に。。。

 

今は運よく税理士をやっていますが、

来年もまだこうやって、くだらないブログを書いていたらラッキー!

というくらいの気持ちで、日々過ごしていけたらと感じます。

 

最新の税務記事

2020.05.28フリーランス・個人事業主の開始残高の設定方法

 

今日の一言

in hell of a mess:修羅場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です