屏東観光グルメ上好肉粽。屏東観光夜市で老舗の粽店といえば上好肉粽。

2019年11月末に訪問したお店の紹介です。

嫁が先に帰国した後、僕は屏東に戻り観光夜市へ。

 

あんまり僕は夜市って、好きじゃないんですよ。

ゴミゴミしているし、落ち着かないし。

屏東観光夜市は短い直線状に店が密集してて、

土日はすっごい人の集団。

 

しかし8月に訪問した時、気になった粽のお店があったので、今回は思い切って入店。

お店の名前は「上好肉粽」

 

歴史があるお店で、今と昔ではいろいろな意見があるようですが、

実際に自分で体験してみないとわかりません。

 

女将さんは優しくて、僕はいいお店だと思います。

 

↓外観です。

 

上好肉粽 基本情報

場所は屏東観光夜市を入ってから、しばらく左をみていると、

上記のお店が出現し、すぐに気付きます。

 

↓地図です。

 

 

雰囲気的には宜蘭の羅東観光夜市に近い感じ。

こじんまりと密集していて歩きやすい。

 

羅東夜市よりも規模は小さいですが、

ゴミゴミした夜市が好きな人にはたまらない場所です。

 

そして中央市場の側にもお店があります。

翌日たまたま散策していて知りました。

 

雰囲気的には、こっちの方がいいかも。。。

住所は屏東縣屏東市廈門街88號。

 

↓地図です。

 

メニュー オーダー

メニューです。

上から釣る下がっているので、指差しで伝えます。

僕は一番大きいのと、落花粽をオーダー。

 

 

おどおどしていると、「座って(多分。。)」と笑っていました。

 

粽はすぐに用意されてきます。

見てのとおり、南部特有の茹でた粽。

 

蒸した粽よりも水分の量が多く、

柔らかなもちっと感が強くあらわれています。

 

しっかり落花生粉つけていただきます。

 

おお!粽です。台湾の粽です。

 

 

 

ちょっと具材は少ないけれど、僕は粽は米を食いたい派なのでちょうどいい。

朝やかな薄い醤油色が、ザ・粽って感じでよだれが垂れます。

 

タレも水っぽくなく、甘さと醤油加減もちょうどいい。

大はさすがに大きく、ごはん1杯半から2杯くらいの量です。

 

柔らかなもっちり系の粽は、非常に腹が膨れます。

シンプルですが、米そのものを存分に味わえる伝統的な粽です。

 

 

さらっとしたしつこくない味付けを、シンプルに茹でた米だけで味わう粽も、

派手さはありませんが、素朴でもう一度食べたい一品です。

 

落花粽はかなり小ぶりです。

いろいろ食べ歩きするには、これくらいがいいもしれません。

 

あっ!やっぱり具材がたっぷりある粽もおいしい。

茹でてホクホクした芋のような落花生は、粽の具材には最適。

 

 

これは自宅では作れないから、台湾で食べるしかない。

 

落花生自体はそれ程強い味付けではないので、

本来のホクホクした旨さと米のモチモチが合わさると、最高の炭水化物に。

 

お好みで落花パウダーやタレに浸していただくと、

上品な中華粽に変化します。

 

台湾南部の茹で粽は、やっぱり最高です。

まとめ

今回は屏東観光夜市の老舗の粽店「上好肉粽」を紹介しました。

4サイズの粽は、その時のお腹の具合と相談してオーダー可能。

 

オススメは大と落花粽です。

 

豪華な具材たっぷりの粽もいいけれど、シンプルな柔らかなモッチリ米の茹で粽を、

落花パウダーとタレに浸していただくのも最高。

 

屏東観光夜市の粽なら、上好肉粽がお薦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です