遂にマコンデ美術館へ行ってきた!休日の志摩観光はマコンデ美術館で決まり!

先週土曜は、ちょっと遠出に志摩まで。

昨年9月に出かけてから気に入ってしまい、

ふと気が向いたので、嫁と一緒に日帰りをしました。

 

そこで気になって気になって仕方がなかった場所で訪問。

 

ええ、志摩と言えば、有名な場所もありますが、

おそらくはここ最も気になる場所に間違いない!

 

とうとう僕は、「マコンデ美術館」に行ってきました。

 

↓外観です。

 

 

 

マコンデ美術館 基本情報

住所は三重県伊勢市二見町松下1799。

 

↓地図です。

 

 

マコンデとはアフリカの地名であり、

マコンデ地方の伝統的な美術品が並んでいます。

 

かなりの数が秘蔵されており、ゆっくり鑑賞するにはかなりいい場所です。

僕は凄く好きです。

 

元々会社を営んでいた方が、マコンデの素晴らしさに魅了され、

会社を退職してから、自己資金で美術館を始めたようです。

 

土地家屋を購入してしまうって、凄い信念だなあと。

自ら美術品を買いに出かけているようです。

 

館内は絵画以外は、写真OKです。

絵画は確かに色合いが素晴らしく、

どちらかと言えば、美術品よりも絵画の方が目に止まります。

 

写真サイズのレプリカであればお手頃価格で購入できるので、

自分の部屋に飾るようにいいかもしれません。

 

僕は購入しようか本気で悩みました。

館内

こんな感じの美術品が並びます。

ええ、とても好きです。

 

 

ちょっと異様な感じもしますが、じっくり眺めると、

以外にも居心地がいいんですよね。

 

なんというか、人間が魂を込めて創造した作品なので、

不思議と温かみがあるのです。

 

 

 

 

作品には絶対に触れてはいけませんが、

思わず手に取ってしまいそうに。。。

 

 

美術品の作者に関する事、作者の紹介、マコンデの紹介が丁寧にされており、

支配人のマコンデに対する愛が感じられます。

 

最初は「何ここ?」とビビっていましたが、

いろいろな意味で、じっくりと観察していたくなる施設です。

 

 

 

 

収蔵数はかなりの数であり、見ごたえがあります。

 

子供に「〇〇って何?」と質問されたら困りそうな作品も一部ありますが、

その時は、お父さん方は真面目に答えてあげましょう。

 

人を表現する美術では避ける事ができない部分でもあり、

そういう時は、真剣に伝える事も、時には必要です。

 

 

 

好きな人にとっては堪らない施設です。

僕は志摩が割と好きなので、次回もまた訪問使用と思います。

 

次回は写真サイズの絵画を購入しようと思います。

まとめ

帰り路に突如、「マコンデ美術館」とあったので、

思わず慌てて入ってしまいました。

 

ええ、旅行の心得として、気になった時はまず入ってみることです。

美術品の勉強や文化を知るにはいい場所だし、

絵画も色とりどりで、また可愛いものもあり、本当に素晴らしい。

 

もっと広がるべき美術館だと感じます。

 

次回はもう少し、ゆっくり鑑賞したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です