恒春観光グルメ阿達海產店。こぢんまりと1人で最高の刺身と炒飯でいただける阿達海產店は1人旅に最適。

2019年末の1人旅で訪問したお店の紹介です。

この日12月31日の前日は、同じ後壁湖周辺の阿興生魚片 A Shin Sashimへ。

 

そして海産物の飲食店が並ぶ他のお店が気になり、

ツーリング途中、31日にも立ち寄りました。

 

ええ、お目当ては刺身です。

前日にここに行こうと決めていました。

 

お店の名前は「阿達海產店」

↓外観です。

阿興生魚片 A Shin Sashimとは、目と鼻の先です。

 

 

阿達海產店 基本情報

住所は屏東縣恆春鎮砂尾路16-57號。

 

後湖周辺はオフシーズン12月末は閑散としていましたが、

昼時には地元の若者、カップル、家族で握らう通りです。

 

↓地図です。

 

 

 

お店は間口狭小が適用されるであろう空間。

ちょっと豪華な円卓だったので、1人で座るのに戸惑い。

 

 

お店の方が、いいよいいよと言ってくるので、

贅沢にも、1人で円卓を占領しました。

 

やっぱり、複数で来るお店なのかもしれません。。

 

入り口には魚介類の水槽が並びます。

 

ここから好きな魚を選んでいいのですが、

ここは1人なので欲張らず、最も食べたいものを選択。

 

嫁と一緒だったら、バンバンオーダーしたかもね。

鯛40元って、ずっごく安くない?

 

 

 

デッカイ蝦が150元。

刺身でもよし、グリルで焼いてもいいようです。

ああ、貝類も美味しそう。。。

 

 

 

メニュー オーダー

メニューはこんな感じです。

魚介類のお店は、ほぼどの店にも料理の写真が入り口に。

 

これはさすがにオーダーしません。

価格はお手頃だけど、絶対に食べきれないから。

 

本当だったら、蝦も魚1匹のオーダーもしたいけど、

小琉球で苦しい思いをしたので、ここは控えておきます。

 

 

 

 

 

 

まずはどどんと、サーモンのお刺身です。

えっ!こんなにあるの?半分で良かったに。。。。

 

前日に食べたマグロも美味しかったけど、

意外にも。サーモンの油がコッテリだけどくどくなく、

今回はサーモンにしました。

 

 

 

 

 

甘みと脂が台湾特有の、やや甘い醤油と合わさると最高。

白いご飯には絶対に合う。

 

そして、ワサビ醤油が最高です。

やや甘い醤油って、ワサビ醤油にするとピリッとした辛みが、

甘さを引き締めて、最高のタレに変身。

 

 

 

でもやっぱり、サーモンとマグロ、白身魚の総合の方が良かったかも。

これだけ量があると、だんだん飽きます。

 

しかし、最高で贅沢な1人ランチです。

そしてこの17日間の旅行え3回目の桜えび炒飯。

 

 

これはご飯軽く3杯はありました。

だからちょっとビビったのですが、重たくない!

 

この旅行で食べた炒飯の中では最高でした。

 

メインの具材はもちろん桜えび。

桜えび特有の風味と味わいが油分や他の具材で消えることなく、

炒めた米すべてに行き届いています。

 

 

 

ええ、何度でも口に運びたくなる炒飯。

ねぎ、卵といった基本的な具材だけど、桜えびの味がたまらない炒飯。

 

あまりの美味しさに、サーモンを食った後、

一気に食べ干してしまいました。

 

やっぱりそれなりの量があるので、複数人が行く方がベターです。

 

まとめ

今回は恒春半島西海岸の阿達海產店を紹介しました。

お刺身は美味しい、炒飯は絶妙な味加減で何度でもいただける。

 

1人旅のランチとしては、この上ない至福を味わえるお店です。

後湖周辺の海産レストランで、間違いないお店を探すのであれば、

阿達海產店がオススメデス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です