恒春観光グルメ海亀咖啡 SeaTurtle Cafe。美しい萬里桐を眺めながらゆっくりカフェタイムするなら海亀咖啡 SeaTurtle Cafe。

2019年ー2020年年末年始の1人旅の旅行記です。

この時は、恒春半島西海岸をツーリング。

 

午後3時過ぎ、このブログでも投稿済の阿信巧克力農場に向かう前に、

岩礁が美しく、シュノーケリングもできる萬里桐へ。

 

そこでオシャレなカフェを見つけてしまい、眺めも良かったので、

ついつい入ってしまいました。

 

お店の名前は「海亀咖啡 SeaTurtle Cafe」。

正に萬里桐の海が目の前です。

 

外観はオシャレな2階建て。

海辺のカフェのイメージぴったりです。

 

海亀咖啡 SeaTurtle Cafe 基本情報

住所は屏東縣恆春鎮萬里路18-3號。

ついつい途中だったので、恒春中心からはかなり離れています。

 

しかし、ここらはリゾート地であるため、

シーズン中はきっとシュノーケリングで混み合うだろうな。

 

コンビニや賑やかなお店もなく、本当に海と山々ばかり。

 

↓地図です。

 

お店の中はイケテルカフェ。

海を見ながら、のーんびりしたくなる空間です。

 

 

既に投稿済ですが、萬里桐はこんな美しい風景です。

朝一だったら最高の日の出だろうね。

 

 

 

 

メニュー オーダー

メニューです。

写真のオレンジのドリンクが可愛い。

 

速攻で決めました。

あと、やっぱりカフェなら焼菓子やケーキですよね。

 

 

 

オレンジコーヒーラテです。

深い海のブルーのカップがいい感じ。

 

コーヒーのオレンジ色とのコントラストが綺麗。

ポンとオレンジが置かれている光景が、ゆっくりとした午後を演出。

 

 

 

オレンジの甘酸っぱさがコーヒーと意外にもマッチ。

ラテはフワフワで、オレンジの風味がかなり強く感じます。

 

シトラス系のコーヒーという感じで、

海辺の飲むにはぴったりかも。

 

飲み進めていくと、オレンジがだんだん甘くなっていくような。

ツーリング途中、海を見ながらほっと一息つくには最高。

 

 

 

 

デザートはパウンドケーキにしました。

厚めのパウンドは、シトラス風味コーヒラテとよく合います。

 

やっぱり深い海の色の器。

センスがよくて、パウンドケーキの温かな色が映えます。

 

しっとりしたパウンドケーキは、ホイップと一緒に口に運ぶと、

ホロホロっと口の中でとろけます。

 

 

 

ラテのオレンジは、こんな風にホイップに付けて食べると最高。

苦みがあるオレンジとホイップの相性は言うまでもありません。

 

 

ツーリング途中、思わず入ってしまいましたが、

センスも良く、コーヒーや焼菓子も個性的で美味しい。

 

最高のカフェでした。

まとめ

今回は恒春半島西海岸、萬里桐の海亀咖啡 SeaTurtle Cafeを紹介しました。

器のセンスが素晴らしく、海辺の雰囲気にマッチしたお皿やカップ。

 

注がれるオレンジコーヒーラテは、苦みと甘さがあるオレンジがポイント。

厚めのパウンドケーキも絶品です。

 

美しい萬里桐で一息つくなら、海亀咖啡 SeaTurtle Cafeがお薦めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です