墾丁観光グルメ曼波泰式餐廳。リゾート墾丁のランチでは必ず食べたいタイ料理は曼波泰式餐廳が最高。

2020年元旦の朝は、恒春から墾丁へ移動。

オフシーズンの小琉球、恒春同様、墾丁も人は多くありません。

 

だからガッツリ楽しむチャンス。

やっぱりオフシーズンは、ゆっくり楽しめます。

 

墾丁といえば海。

リゾート地と言われており、確かにリゾートホテルもありますが、

そんなにかしこまった場所ではなく、誰もが楽しめる海や自然のスポットが有数。

 

オフシーズンですが、欧米の方もおり、

タイ料理などの無国籍料理のお店も並びます。

 

そこで元旦のランチはタイ料理に。

お店の名前は「曼波泰式餐廳」。

 

なかなか絢爛豪華なタイ料理屋さんです。

 

 

曼波泰式餐廳 基本情報

住所は屏東縣恆春鎮墾丁路12號946。

 

墾丁にはインドネシア料理など、アジア料理が点在していますので、

ビビビっときたお店に入るのがベターです。

ただやはり注意すべきは、その量ですよね。

 

↓地図です。

 

 

位置的には民宿が多い場所です。

墾丁観光夜市の通り沿いなので、夜も賑やかです。

 

店内はザ・タイ料理屋さん。

内装も豪華で色合いも良く、とってもセンスがいい。

 

 

11時半くらいの入店時、既に複数名のカップルが。

その後、家族連れもバタバタと来店し、人気のあるお店のようです。

 

同然ですがリゾート地なので、店員さんは英語がペラペラです。

 

オーダー メニュー

メニューです。

おお!正にこの価格帯は、複数人で食べる料理。

 

 

1人で食えるか?重たいんじゃね?

とビクビクしながらも、僕は重たい料理をオーダーすることに。。

 

タイ料理!といえば、これ!

パイナップル炒飯。

 

 

 

 

僕は酢豚にパイナップルが大好き。

パイナップル+肉+トマトのピザも大好き。

 

だから、パイナップルを使った料理って大好き。

パイナップルの甘みと、ソーセージの相性は抜群。

 

 

 

パインの酸味と甘さって、意外ですが肉の油と合うんですよ。

具材の蟹、海老とも抜群にあう。

 

味付けはターメリックとあっさりとした塩コショウ。

ターメリックのカレーの様な風味とスパイスの風味は、

パイナップルの甘みをはっきりさせます。

 

パインを使った料理って、奥が深い。

ナッツもトッピングされており、味にメリハリがでます。

 

しかし、このパイナップル炒飯はでかい!

ご飯2.5から3杯分くらい?

 

そして泰式春巻きです。

具材と油の香りが漂い、絶対に旨いやつです。

 

 

 

180元(700円くらい)ですが、日本で食べたら高いんだろうな。

これもまた量が。。。でも美味しそう。

 

 

パリッとした食感ですが、モチっとした春巻きです。

中の具材はかなりたっぷり。

 

 

 

具材自体にも薄っすら味がついており、

白いご飯にもよく合いそう。

 

チリソースを付けても美味しい、

汎用性がある素晴らしい春巻きです。

 

春巻きって、皮が薄いバージョンが多いのですが、

こちらはフンワリモチっとした、しっかりした皮です。

 

油分がありますが、中の具材としっかり調和されており、

皮があって初めて中身の具材が生きてきます。

 

チリソースを付けると、更に皮の旨みが認識でき、

口に中の具材が溶け込むと、そっても幸せ。

 

メインは春巻きでも良かったかな。。。

しかし、さすが量が多く、かなりお腹いっぱいになりました。

まとめ

今回は墾丁のタイ料理店の曼波泰式餐廳を紹介しました。

店内は絢爛豪華で、優雅な気分を味わえます。

 

料理は繊細は味付けが特徴ですが、結構な量が運ばれてきます。

1人ではかなり多い量なので、複数人での訪問がお薦めです。

 

パイナップル炒飯は酸味と甘さが、春巻き皮と中の具材の組み合わせが、

絶妙にマッチしていました。

 

墾丁でタイ料理を食べるなら、曼波泰式餐廳がお薦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です