墾丁観光グルメ佳珍生猛海鮮。1人で濃厚な旨みの海鮮粥を食べるなら佳珍生猛海鮮。

2019年ー2020年年末年始の1人旅で訪問したお店の紹介です。

1月2日の夜は、墾丁及び恒春半島最後の夜。

 

恒春半島には5日間滞在しましたが、もっと居てもよかったかな?

 

恒春半島最後のディナーは元旦に引き続き、

ザ・観光相手のお店に決めてました。

 

約8日間毎日刺身を食っていたので、流石に飽きます!

そこでこの時は、海鮮の旨みを味わるメニューにしました。

 

店の名前は佳珍生猛海鮮」

 

既に投稿済の「旅南活海鮮」と同様に、ゲストハウスから近く、

墾丁のメイン通りで誰もが一度は目にするお店です。

 

 

佳珍生猛海鮮 基本情報

住所は屏東縣恆春鎮墾丁路197號。

墾丁観光夜市の丁度真ん中あたりに位置します。

 

↓地図です。

 

お店の中は円卓だけです。

おお!これは大人数用です。

 

僕はまたまた広い円卓に1人ポツン。

でももうそんなポツンには慣れてしまい、

豪華な中で1人食事をする解放感の方が、勝ってしまっています。

 

 

 

店頭には魚介類が並んでいます。

勿論、これらをご指名して、グリルしてもらう事も可能です。

 

 

気になったら、バンバン言ってしまいましょう。

 

 

オーダー メニュー

メニューです。

おお!これまた観光客相手のお値段!

 

 

わずか30分もかからない恒春と、

圧倒的な物価の差が認識できます。

 

 

まあ、海鮮の炒め物は300元前後なので、

ちょっと高い!と思う人もいるかもしれません。

 

こういったお店には、2人で訪問するのがベターですよね。

 

普段いただかない料理を2人で1000元程度オーダーしても、

いいんじゃないかな?と感じます。

 

1人旅の場合、あまり豪華なお店を利用しない為、

お金沢山払います気はマンマン。

 

しかし、比較的多めの量が提供されるので、

そこまで高額と個人的には感じません。

 

そしてこの時のオーダー1つ目は、海老の塩焼きです。

ええ、すっごくシンプルな塩焼き。

 

 

 

こういうシンプルでいいんですよね。

かぶりつくと海老のエキスが飛び散ります。

 

堪らなく美味しい。

僕は頭からがり!っというタイプです。

 

 

 

ビールがあったら、もう一皿いただけそう。

 

炒めた海老料理もおいしいけれど、漁港があったり、

海鮮を楽しめる場所では、こんなシンプルな塩焼きがいい。

 

あまりの弾力がある海老の旨さにガツガツし、

あっという間に完食です。

 

 

 

食欲が湧いてきて、やっぱり刺身も食おうかなーと思っていると、

テンポよく海鮮粥が登場しましたが、デガイ!

 

これ多分、2~3人前じゃん。。。

 

 

 

しかし、いい匂い!

魚介類が詰まって濃厚ないい匂いが漂う。

 

スープのようですが、粥と魚介類がたんまり埋まっています。

 

小皿にとってお粥を食します。

ええ、粥ってこんな風に食いますよね。

 

 

 

1人で大皿1杯って、僕は結構重量感を感じました。

 

まずはダシが効いたスープを。。。

 

 

 

ああ!これは屋台でいただく粥とは全く別格。

言葉では表現できない複雑な魚介は圧縮された味です。

 

粥ではなく、スープ単体でいただいてもいいくらい。

更にその旨みが米にも浸透してて、2倍の美味しさが味わえます。

 

魚介の具材もたっぷりで、2人で食べれば確実に満足できる料理。

魚介類が圧縮されたスープは、下手な付け足しは不要です。

そのままいただくのがベター。

 

この海鮮粥は墾丁で必ず食べるべきです。

海老の塩焼きもがつがつ食べてしまい、満足がいく墾丁最後の夜でした。

 

まとめ

今回は墾丁の佳珍生猛海鮮を紹介しました。

 

シンプルな海老の塩焼きは旨いのは当然で、

ビールが欲しくなく塩加減と海老の弾力が。

 

海鮮粥は魚介の旨みが圧縮された、複雑で魚介のダシが爆発する美味しさです。

 

墾丁観光夜市もいいけれど、せっかくなら、

ちょっと豪華なディナーを佳珍生猛海鮮で楽しむのもオススメデス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です