美濃観光グルメ美濃家鄉味手工粄條。美濃来たら美濃家鄉味手工粄條で伝統的な客家料理をいただこう。

2019年ー2020年年末年始の1人旅で訪問したお店の紹介です。

墾丁から高雄へ到着した翌日は、緑豊かな美濃へ。

 

美濃は高雄からバスで1時間少々、1月でも青々とした緑がとても美しい。

(美濃の紹介はまた後日投稿します。)

 

美濃に到着したのは10時半ころ。

自転車レンタルの手続き等をしていたら、11時近くに!

そこでお目当ての客家料理のお店に行くことに。

 

お店の名前は「美濃家鄉味手工粄條」。

伝統的な絶品客家料理が楽しめるお店です。

 

 

美濃家鄉味手工粄條 基本情報

住所は高雄市美濃區泰安路60號。

都会を離れた初めての小さい町は、方向感覚がわからなくなります。

目印はセブンイレブンの目の前。

 

↓地図です。

 

 

お店は円卓が2台とテーブル席4台。

小さなお店ですが、これぞ台湾の食堂という店構えです。

 

 

これはテンションあがります。

僕が入店すると、家族連れが3組やってきて店内な一杯に。。。

(1人でテーブル席使って申し訳ない。。。)

 

ちなみに美濃はこんな緑豊か。賑やかな老街もあります。

 

 

後日別途、美濃の街を濃厚しますが、この街を存分に楽しむのなら、

美濃で2泊する事をお勧めします。

 

サイクリングをしていると、オシャレなINN等もあり、

宿泊施設は沢山あります。

 

コロナによる海外渡航不可が解除されたら、

ぜひ宿泊してみたい場所の1つです。

 

オーダー メニュー

メニューです。

凄い!並ぶもの全て客家料理!

しかもフレンドリーな価格。

 

 

 

このお値段で客家料理をいただけるなんてなんて贅沢!

こういう調味料も気になるよね。

適度に付けるととっても美味しい。

 

 

 

 

ここは美濃に来たらやっぱり粄條でしょ!

粄條は平たい麺、日本のきしめんに近い麺です。

中華麺とは少し異なりますが、味が絡んで独特の食感が病みつきに。

 

日本人なら、まず嫌い!という人はいないはずです。

 

まずは主食からいただきます。

粄條の乾麺バージョンです。

 

 

トッピングは豚肉、ニラ、もやし、麺の下にガッツリ埋まっています。

よーく混ぜましょう。

 

 

これずっごく美味しい粄條です。

写真でもわかる通り、麺がキラキラしています。

 

麺全体に、汁が絡んでいる証拠。

具材の絡み具合も良く、あっさりした薄い醤油ベース汁は間違いない。

 

好みで酢や辛いラー油を付けつる人もいるようですが、

これだけで十分。シンプルな醤油系の味付けがベター。

 

そして粄條とニラ、もやしの炒め物です。

ええ、先ほどの主食と何が違うんだ!

と疑問なのですが、これはこれで美味しい。

 

 

炒めものの方が、味付けが濃く感じます。

中華+醤油系のシンプルな味付けですが、

一般的な中華よりは、あっさりとしています。

 

 

粄條と具材の美味しさが感じられる炒め物で、

白いご飯にのせて、丼ものとしてもいいんじゃないかな?

 

これだけで最高のおかずになります。

粄條の炒め物は奥が深いです。

自宅で作るなら、もやし、豚肉、ニラ以外のも、海老や玉ねぎをいいかも。

 

そしてピーナッツの豆腐です。

うう!思いの他、でかい。

すでに2品手に付けていたので、お腹は満たされつつありました。

 

 

しかしピーナッツ豆腐はねっとりしてて美味しい。

コクがあるというか、ピーナッツの濃厚な風味が感じられます。

 

そのままでもおいしいし、甘目の醤油をつけても美味しい。

軽く昼食をとるなら、粄條とピーナッツ豆腐で十分。

 

 

オーダーした3品は、文句のつけようがないレベルでした。

客料理は奥が深く、また行きたいなと思える最高のお店です。

 

まとめ

今回は美濃の美濃家鄉味手工粄條を紹介しました。

粄條は言うまでもなく、美濃の名物。

 

味付けや具材はシンプルですが、平たい麺はタレと具材がよく絡み、

白いご飯が欲しくなる絶品の料理。

 

いくつか粄條の料理があるので、複数で訪問して少しづついただくのベター。

美濃で粄條をいただくのなら、美濃家鄉味手工粄條がオススメデス。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です