専門家の意見は割れて当然。いつでも頼りにするのは自分の脳みそ。

朝夜のニュースを見ていると、まだなお毎日コロナ関係を目にします。

その中では、専門家によって意見が異なり、真実が分からないという声も。

 

人により解釈が異なる事は当然であり、

それが今まで経験がないものであれば、尚更だと思います。

 

しかし、どうやら世間はそうは思わないようです。

専門家は放つ解釈は、満場一致と思う人も。

 

個別相談を実施していると、しばしば同様な事に遭遇します。

ネットで税理士さんが〇〇と言ってたんだけど。。。などなど。

 

例えどんなありきたりな相談事項であっても、

毎回必ず最終的な判断は、ご自身で決定してくださいと釘を刺すようにしています。

 

 

専門家の意見は満場一致ではない

コロナが蔓延しだす今年の初め、様々な情報が飛び交いました。

 

・子供は感染リスクが低い

・若者は重症化しない

・マスクは効果がない

・不織布マスクは再利用できない

・夏場には収束する

 

結局どれも専門家によって意見は異なり、

今も真実がどうであるのかは、イマイチはっきりはしていません。

 

専門家の意見に踊らされたと意見する人も。

 

確かに「専門家」と言われる人の考えや解釈が異なると、

質問する側からすると、一体、何が真実なのかわかりません。

 

ただ、僕も少なからず相談業務を行っているので、

毎回注意している事があります。

 

専門家の助言は(とりわけ、相談などの明確かつ適正な解がない場合)、

相手を正解に導くのではなく、複数の選択を相手に提供し、

最終的にはご自身で判断・決定を考えてもらうことだと認識しています。

 

冷たい!と思われても自分の頭で考えよう

会社員の方からの質問事項では、しばしば「ネット情報と違う!」

と言われる内容があります。

 

「ネットでは開業届けを提出すれば、副業は事業所得でもいいと書いてある。」

「自分で事業所得と判断すれば事業所得でいい。」

 

僕もそういう文言の情報を見た事がありますが、

個人的に、その解釈はお薦めしていません。

 

必ずなぜ×(却下)の傾向が強いと言われるのかを説明をし、

数ある解釈の中から、自身で選択をしてもらうよう、最初に強く念を押しています。

 

自分がAと解釈するのであれば、Zという解釈をする人がいるなど当然であり、

あとは相談者・納税者に委ねるべきだと思うからです。

明らかに錯誤している場合は異なりますが。

 

それを冷たい、頼りにならない、責任逃れだと、

独立してまだ1年半ですが、何度か言われた事もあります。

 

ただし、僕自身にも言える事ですが、世の中のどんな事象に対しても、

誰かの声を期待するのではなく、頼れるのは自分の脳みそであるべきです。

最終的な頼りは自分の脳みそ

今年の4月に盛んに言われた不要不急。

しかし、その意味がわからない、何が不要か判断できないという声も。

 

このくそ暑い中、屋外でもマスクをつけるべきか?

旅行や娯楽などのレジャーは控えた方がいいのか?

 

はたまた、会社を辞めて独立して、

僕の様な貧弱な開業税理士になるかどうか?

 

結局の所、最終的に自分の脳みそで自分自身で判断・決定しなさい!

と示すと、拒絶反応する人も一定数いるようです。

 

確かに、誰かが右か左か指し示してくれれば、

考えるという面倒なことをしなくて済みます。

 

その方向性が間違いか否かはとりわけ問題ではなく、

誤りであれば、単に指示者を責に帰すだけです。

自分で考えない方が、圧倒的に楽。

 

しかし、何かの答えを出したり、大きな人生の決断をする場合、

結局は自分と向き合って、自身の脳みそを頼りにする他ありません。

 

それを怠ってばかりいると、不要不急がわからないといった状態に。

 

専門家の意見は画一的ではなく、異なって当然。

 

人によって解釈や考えが異なると困る!

自分で決断しろ!なんて冷たい!と言われる事もありますが、

専門家全員が満場一致なんてあり得ません。

 

もしも満場一致などという不自然があったとしたら、

その時こそ、「おかしいぞ?」と疑ってみるべき時です。

 

まとめ

時々、〇〇申告会はこう言ってたから、

税理士さんが言ってたから、という文言を耳にします。

 

専門家は発する言葉の効果があるのかどうかわかりませんが、

多くの場合、自分で判断するという行動パターンがない人に多い傾向があります。

 

そしてそんな僕も医者がまだ30代だから大丈夫!

と言った事を鵜呑みにし、強烈や日焼け後にここ1週間苦しんでいます。

 

最新の税務記事

2020.08.21他人名義で行う不動産所得や事業所得の帰属者の判定方法

 

今日の一言

Where are you off to :どこに出かける?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です