9年間のジム通いをキッパリ退会。ジムのメリット、デメリット、ジム通いに向く人。

本日、ジムの退会手続きをしました。

ジム歴9年、草津市の店舗の加入歴はまだ1年。

 

今までジムに来なくなる人を沢山目にしてきましたが、

とうとう僕も、ジム退会をすることに。

 

会社員の時は、ジムはライフスタイルの1部でしたが、

環境や興味の変化により、今の僕には不要の場所に。

 

今日は、ジムのメリット、デメリット、ジムに向く人、退会理由について真面目に投稿します。

 

 

ジムの退会理由は興味の変化

退会の直接的な理由は、今の興味の変化です。

 

運動している人には多い傾向のようですが、

今は自転車をガンガン走らせる事に興味が集中しています。

 

今までは室内のひたすら筋トレ、水泳が楽しかったのですが、

屋外で空気を吸って自転車を走る方が断然楽しい。

 

筋トレはマシーンに頼っていましたが、You Tubeで十分だと発覚。

 

ハムストリングス、ふくらはぎ、下っ腹の筋トレ方法を、

詳しく説明・実践している動画も多く、筋トレは自宅でYou Tubeで十分。

 

密室を避けたいという理由もありましたが、興味の方向が変わってしまった、

要するに、以前よりも楽しくないと感じると、案外あっさりと退会する人も多いようです。

 

独立してから(決めてから)スタイルが変化

会社員の時は、平日の夜、土日の午後からジムを利用してました。

 

僕は体がでかくないので、人よりも体幹が弱いのですが、

それでも土日は、かなりきつく追い込んでいたつもりです。

 

ええ、しがらみやストレスが多い職場では、

ジム終了後の適度な疲労感は非常に気分爽快。

 

何かの鬱憤を晴らす役割を担っていたのかもしれません。

 

しかし2018年1月以降、独立の準備やブログの開始を進めてた時から、

以前のように、キツく追い込むことがなくなりました。

 

それまで週4で通っていたジムは週3に。

土日のどちらかはジムに行かないようになりました。

開業後、滋賀県に引っ越してからは、更にその回数は減少していき。

 

開業後の事を考えたり準備したり、転居の時までもっと地元を楽しんだり、

開業後はもっと勉強したり、web環境の整備や構築をしたいと思ったり。

 

会社員の時とは、時間の使い方や興味が大きく異なっていく傾向が。

 

ジムに行く→着替える→泳ぐ→風呂→家に帰る、といった動作より、

夜7キロから10キロジョギングする方が、遙かにスマートな時間の使い方でした。

 

環境の変化が起こると、ジムを退会する人も増えるようです。

 

ジム通いのメリット

ジム通いのメリットは様々ですが、僕が感じたものは下記の通りです。

 

① プールは最高の有酸素運動

② 負荷がかかる様々な筋トレマシーン

③ 運動する場!という空間の提供がその気にさせる

④ 人とのふれあいや顔見知りができる

⑤ エアロビ等のレッスンが受けられる

⑥ 生殖機能が確実にアップする

 

僕は1人が好きだったので、⑤は一度も利用しませんでした。

また⑥は通う前と比較すると、男性の場合は確実に硬度に差がでます。

 

亜鉛だのカルシウムなどのサプリメントを摂取するよりも、

週3程度、ジムで筋トレやプールを実施した方が、確実に男性機能が向上します。

(面倒くさくならない。)

 

でも、自宅で時間をかけた筋トレや、1時間程度のジョギングでも、

同様の効果がある事を最近実感しており。

ジムだから、、、というわけではないんでしょね。(当然)

 

今思い返してみると、実質的なメリットは、①、②、③くらい。

 

ジムが楽しい!数あるメリットを享受できるかどうかは、

ジムに向いているのか否かが関係してきます。

 

ジムに向いている人

確実に1人が好き、1人で追い込むことが好き、コツコツが好きな人です。

周囲を見返しても、みんなで仲良く!という人はいません。

(僕が通った静岡や草津のジムでは。)

 

毎年4月に入会者が増えるのか、春先にはよく混み合っていました。

しかし、徐々に減っていく傾向が。

 

友人や誰かと一緒に楽しみたいというと、お互いのスケジュールが干渉します。

 

そもそもジム通いは、1人でも平気!1人でもできます!

といった性格の人が継続しやすいと言われます。

 

1人でやっててもツマラナイ、誰もイイネ!してくれない、

1人でひらすら運動する(追い込む)楽しさがわからない、という人は、

段々とジムに足をは運ぶことが億劫になります。

 

ジムに向いている人でないと、

ジムのメリットを鑑みることができないかもしれません。

 

ジム通いのデメリット

ジムのデメリットは言うまでなく、下記の通りです。

 

① お金がかかる

② プールの利用は泳ぎが遅い(初心者)は肩身が狭い

③ 泳ぎが早い人は遅い人にイラツク(マナーの問題)

④ 筋トレマシーンで休憩する人がいてマシーンが使えない

⑤ 混雑している時がある

 

不特定多数の人が集まるので、マナーの問題があります。

 

例えばプールでは、泳ぎに自信が無い人、泳ぎが遅い人も、

プールを利用したいと思ってジムに来ています。

 

大抵のジムはコースが分かれていますが、初心者・練習用コースなどで、

ガンガン・バンバン泳ぐ人が必ずいます。

 

筋トレマシーンに座ったまま休憩して移動してくれない人がいて、

なかなかマシーンが開かない時も。

 

マナーの問題が自分に合うかどうかが大きなデメリットになります。

 

まとめ

それでもジムはやっぱり楽しい。

体を鍛える場としては、よい環境だと感じます。

 

ただし、泳ぐ以外で筋肉に負荷をかける行為は、

ジムに通わなくても、自宅やジョギングでできるのでした。

お金もかかりますしね。

 

しかし僕の場合、一体誰が月会費負担していたの?

といった、夫婦間の切実な問題が残存しています。

 

最新の税務記事

2020.09.03過去の未払残業代を支給した場合の源泉所得税の取り扱い

 

今日の一言

退会する:withdraw from

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です