年調ソフトの選別に迷う2年目のシーズン

今年も年末調整が到来しましたが、辛うじてまだ税理士をやっています。

 

昨年の法定調書等は1先だけだったので、

法定調書等はe-tax(web版)、他はガッツリ手書きで提出。

 

しかし今年は所得調整なんたらがあるんだって?

えー無理無理。

循環の可能性がある事象って嫌いだからさ。

 

僕の年調先はたかだか7先ですが、

手書きで行うのもだるいので、法定調書・年末調整のソフトに悩んでいます。

 

持ってないの?と思われますが、スーパー小資本スタートの僕は持ってません。

 

なんせ「必要になったらその時に準備すればいいじゃん派」ですから。

そこで現在識別している目下の状況を投稿します。

 

 

 

フリーウェイを使用する

フリーウェイは無償のクラウド方給与ソフト。

昨年、顧問先が偶然使用されており、その存在を初めて知りました。

 

安定していて割とサクサク動き、使い勝手もシンプルでいい。

年末調整や法定調書、支払調書を作成するだけなら十分かも。

(給与明細はやや難がありますが。。。)

 

と思いきや、昨年は法定調書等や支払調書のアップデートが年明けてからでした。

ちょっと遅いな。。。という印象が強く。。。

 

有償版では無制限に会社を登録できて月額1980円(税抜)。

税込表示しろよとイライラ。

 

年間24,000円程という価格を考慮すると、

筆頭すべきメリットはクラウド型という側面。

 

微妙なラインだなあと感じます。

 

達人

最初に勤務した会計事務所で使用していた達人。

 

当時はミロクと達人の併用でしたが、

達人は値段の割に、抜群に使いやすかった印象が。

 

相続税の申告や財産評価では達人を使用しましたが、

感覚的にわかるという部分が使いやすい。

そしてソフトの起動が早くて快適でした。

 

使い勝手から考えると、達人が一番ですがネックはお値段。

 

法定調書等は21,900円。

マイナンバー管理するなら+49,800円。

電子申告するなら+36,000円。

 

先日購入したロードバイクの半額以下のお値段。

またはクロスバイクより安いのですが、お値段的にアウト。

 

大手の携帯電話代みたいに、法定調書とマイナンバーがいちいち分かれています。

計算や帳票類の出力だけソフトを利用して、

電子申告だけe-taxやel-tax使うってのもなんだかなあ。

 

JDL

5年間の無償プランを利用しているJDL。

 

法定調書等は含まれていないので、

逐一購入する必要がありますが、お値段は10,000円でお手頃。

 

冬用のサイクルジャージより安いじゃないか!

早速調べていると、マイナンバー管理は別に10,000円購入する必要が。。。

 

年末調整とマイナンバーは2つで1つなんだから、

いちいち分けるなよと思いますが。。。

 

電子申告は無償プランに導入されているので、支出金額は20,000円ですが、

凄くテンションを下落させるブラウザが。。。

 

初めての法人の申告の為、先日試しにJDLをいじりましたが、所々に癖がありイライラ。

ストレスなくて高額になるか、ストレスあって低額を選択するかは永遠の課題です。

 

e-tax(web版)とel-taxを使う

年末調整や法定調書等は手書き、又はフリーウェイやJDLを使用し、

電子申告はe-tax等を利用する方法も。

 

スマートじゃない!と思われますが、塵が積もっても大した高さではありません。

e-tax(web版)の動作は問題がありませんが、問題はel-tax。

 

僕がPCdeskを使用したのは平成19年頃まで遡り、

まだ地方税電子申告が導入されたばかりの時。

 

当時、事業所税の電子申告をしたかったのですが、

とても難解なソフトウェアだった記憶があります。

 

作成・ボスの送信まで、丸2日間かかった記憶が。。。

 

あれから13年経ちますが、未だに使用感の問題を耳にします。

給与支払報告書なら表紙だけ、償却資産税はエクセルに落として郵送の方が早いじゃん。

 

僕が見たPCdeskの画面は、80年代終わりのパソコンゲームのような画面でした。

またあれやるの?と思うと、書面提出でいいじゃんという天の囁きが聞こえます。

 

まとめ

結局どうしようか未だに決めていません。

 

仕事道具はストレスがない使いやすいもの、

又は使っていてテンションが上がるものが一番。

 

ストレスがない道具というと、それなりに価格は上がります。

あのイライラの時間って、税務署や市役所まで行けちゃうくらい無駄ですよね。

 

嫁に相談すると、

「だから自転車2台も買わなきゃよかったのに!」

と言われるに決まっているので、1人ジメジメと悩んでいます。

最新の税務記事

2020.10.02適格合併における抱合せ株式の会計上の取扱いと税務調整

 

今日の一言

気を抜く:lower my guard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です