恒春観光グルメ鄧師傅経絡足体養生館。恒春のんびりマッサージはローカル満載の鄧師傅経絡足体養生館。

2019年ー2020年台湾旅行の番外編その4です。

今回は2019年8月、2020年年始に訪問していた恒春のマッサージ店。

 

恒春中心部では、ザ・マッサージ店らしい雰囲気のお店がなく、

僕が好きないかがわしいマッサージ店もなく。。。。(嫁に怒られる)

 

グーグルマップを見ていたら、南門から少し墾丁方面へ向かうとあるじゃない。。

 

お店の名前は「鄧師傅経絡足体養生館」

とてもフランクで、温和な家庭的なマッサージ店です。

 

 

 

鄧師傅経絡足体養生館 基本情報

住所は屏東縣恆春鎮恆南路140-6號。

恒春古城南門から墾丁方面へ少し歩きます。

 

周囲は飲食店が多数、少し歩けば旨い肉まんの店が。。

ここらはフレンドリー価格のINNも点在しています。

 

↓地図です。

 

 

初めて歩く場合はやや迷います。

どの店構えも同じように見えるからです。

 

この看板が目印です。

 

 

ここら周辺には他にも数件のマッサージ店がありますが、

宿泊した民泊の店主が、ここがいい!と言ってたので素直に訪問。

 

周辺は気になるタイ料理、鍋の店、食堂が点在し、

恒春中心部もいいけれど、ここらで食事をしてもよかったかなー。

 

店内やメニュー

メニューです。

花蓮や台東と同じくらいのフレンドリー価格。

全身マッサージ80分で1150元って、かなりのお手頃です。

 

このお値段は台北や高雄じゃ味わえない価格。

都会からはずれた訪問場所では、思い切って全身スパがオススメデス。

 

 

 

午後3時ころの店内は僕だけ。

いわゆるリゾート系のマッサージ店ではなく、

家庭的でフレンドリーなお店です。

 

贅沢で豪華な設備のマッサージ店もいいけれど、

こういうローカル的なマッサージもいいよね。

 

どちらかというと、ローカル系のマッサージ店の方が、

リラックス効果が高いです。

 

 

 

ソファもゆったり。。

足湯はお湯を張ったタライで行われます。

 

 

 

 

店員さんは結構フワフワとしています。

キチっとしてるよりも、適当な感じがいい。

 

当然ですが、ここは恒春なので日本語は通じません。

僕が訪問した時は、英語ができる方もいませんでした。

 

なので簡単な中国語か指差しで対応です。

 

 

 

マッサージは強めから弱めか希望を聞かれ「強め!」を選択。

マッサージをしてくれたのは、年配の女性のご婦人。

 

なので少し日本語が通じました。

意外にも力が強く、背中のツボの刺激で僕がヨガリ声を出すと笑っていました。

 

旅行中は脚の疲労が大きいですが、ずっとリュック背負っていると、

首と肩、背中の張ってきます。

 

フリーランスはノートパソコン携帯が必須だからさ。

だかた背中を強めに指圧されると最高に気持ちいい。

 

マッサージは痛いくらいの方が聞きます!

マッサージの腕は間違いなし。

 

夕方はチョコチョコ人が来たため、3時くらいの訪問がオススメデス。

まとめ

今回は恒春のマッサージ店、「鄧師傅経絡足体養生館」を紹介しました。

価格はフルマッサージでも1200元程度。

 

家庭的な雰囲気がリラックスできます。

(ただし、リゾート系のマッサージ店ではありません。)

マッサージ店後は背中がスッキリ。

 

周囲に飲食店が点在するため、マッサージ店後、

お腹を満たしす事もベターです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です