美濃観光はサイクリングが最適!大都会の高雄から離れた美濃観光では美しい自然を存分に味わおう。

2019-2020年の台湾旅行番外編です。

今回は、2020年年始に訪問した美濃。

 

墾丁から台中へ向かう際、高雄で2泊した際に訪問しました。

美濃は高雄からバスで概ね1時間ちょっと。

 

バナナの産地、旗山よりも少し奥に言った地方で、

自然豊かで客家料理も満載。

 

思わず美濃で1泊すればよかったーと後悔もしました。

今回は美濃の美しいスポットを紹介します。

 

↓美濃は美しい油傘が有名です!

 

 

美濃はサイクリングが最適

↓美濃です。

 

 

 

旗山よりももう少し山間部へ向かいます。

バスはなかなか建て替えされない高雄バスターミナルから。

 

僕ですら迷わなかったので、バスの乗り方やバス番号は割愛します。

高雄から美濃まで概ね1時間。

 

美濃についてバスを降りるとすぐに自転車屋さんが目に入ります。

ここで自転車を借ります。

 

小琉球や墾丁、恒春のようにバイクもいいのですが、

美濃はバイクよりも自転車の方がベター。

 

 

 

 

まずは観光名所の林春雨門樓へ。

古いレンガ造りの家屋が美濃ではよく目に入ります。

 

僕は美しい!レトロ!というよりかは、

どこか寂し気な雰囲気を感じ、時々さみしくもなります。

 

静かで落ち着いた雰囲気であり、

人の手が加わらず、自然のまま残されている感じです。

 

 

 

 

そのまま自転車を走らせ、弥濃東門楼へ向かいます。

 

 

 

歴史的価値がある弥濃東門楼は、防衛の為に建築された迫力ある門。

1756年の建物が現存しているって凄い。

眺めていると、重みが感じられます。

 

 

 

 

 

 

美濃でゆっくりするスポットの1つというと美濃湖。

大きな湖の周辺は、美しいサイクルコース。

 

 

 

 

 

 

快晴だったこの日は、湖が光り輝き何とも言えない。

空気もカラっとしていて、ベンチでランチをする人が沢山。

 

若い人たちも、カップで笑顔で幸せそう。。。

みんな幸せそうで、ゆったりとした時間が流れます。

 

 

 

快晴の日は、湖がまるで鏡の様になり見事。

やや汗ばむ陽気だったので、初夏のような陽気でした。

都会と違い空気が綺麗でいつまでも見ていたい。

 

 

 

鴨?アヒル?達も楽しそう。

こういう場所でゆっくり税理士業ができたらいいなあ。

 

 

 

サイクリング途中、広進勝油紙傘へ立ち寄りました。

美濃は油紙傘が有名。

DIYも可能なので、こういう体験も素敵。

 

 

 

 

綺麗な油紙傘。ミニサイズもあるようでしたが見当たらず。。。

自分用のお土産に欲しかったかも。。。

 

青い傘が鮮やかでかっこいい。

でも実用的なのかな?ああ、やっぱし買えばよかった。。

 

 

 

あーカッコイイ。

美濃に泊まる事があったら、ぜひ体験したいな。

 

 

 

 

そして湖から山間部へサイクリングします。

美濃の山々のサイクリングは気持ちよくて堪らない。

 

 

 

 

小琉球や恒春、墾丁のよかったけど、

美濃のこの青々した緑とのんびり感はうっとりします。

 

 

 

 

 

お花畑が綺麗。まだ満開じゃなかったけど、

もっとピンクと緑のコントラストが濃くなるんだって。

 

いいよね。台湾のカップルは。

こんな美しい風景の中じゃ、すぐにお互い好きになっちゃうよ。

 

 

 

 

水田に鏡の様に写し出されるヤシ。

実際に目にすると、本当に神聖な場所に思えます。

 

 

 

誰もいない静かな場所を、ひたすらサイクリング。

INNやホステルも点在しており、1泊すればよかったなー。

 

 

 

 

ああ、この台湾の風景が大好き。

見事な自然の風景だなー。

 

東海岸のような険しさはないけれど、

穏やかな緑と青はいつまでも変わらないでほしいよね。

 

 

 

 

 

もうどこは走ってものんびりのんびり。

風の音しかしません。お店もありません。

 

 

 

やや山の方まで来てしまいました。

おお!南国という感じの風景。

旅行はショッピングやグルメではなく、現地を体験するのが一番いいよね。

 

 

 

 

自生しているバナナもよく見かけます。

日本では目にすることができない光景は、特別感がありうれしい。

 

それにしても、バナナの木って生命力が強いですね。

 

 

 

 

ちょっと遠くまで行ってしまったので、広善堂まで戻りました。

方向感覚がよくわからなくのるので、広善堂を目印にするとベターです。

 

 

 

 

 

 

茶器や器が販売されている東門窯です。

たまたま訪問したのですが、なかなか良いものが販売されています。

 

 

 

 

 

価格はそれほど高くはなくフレンドリー。

小さめのポットで可愛いものもありました。

 

短期間の旅行だったら購入していたかもしれません。

今度美濃に行くときもよってみよう。。

 

 

 

 

 

 

美濃には伝統的な客家料理のお店も沢山。

既に投稿していますが、日本のきしめんのような粄條はたっぷりの野菜といただきます。

美濃家鄉味手工粄條がお薦めです。

 

 

 

 

 

ピーナッツ豆腐も客家料理の1つではずせません。

 

 

 

 

高雄から美濃に足をのばし、数日観光してもいいかもしれません。

こんな美しい場所で過ごす事ができたら、最高の観光です。

 

台湾南部に来たら、美濃へ訪問する事をお薦めします。

ああ、結局6時間サイクリングしてしまい、

あっと言う間の美濃観光でした。

 

まとめ

今回は台湾南部の美濃を紹介しました。

高雄駅から1時間ちょっと、旗山からはほんの15分程度です。

 

旗山と合わせて観光だと時間が足りないので、

美濃は単独で観光日程を組んだ方がベターです。

 

美濃のサイクリングは最高。

高雄へ訪問した際には、美濃に数日滞在する事をお薦めします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です