糖質制限なんて大っ嫌い!食うならバランス。食ったら動く。

時々嫁が食べている糖質ゼロシリーズ。

スーパーに行くと、糖質ゼロ系の食品を目にします。

 

炭水化物のくせに、糖質ゼロうどんだなんて!

美味しそうなクリームが魅力の洋菓子が糖質カットケーキ!

 

果物は果糖だから血糖値を上げ体に良くないとも。。。

僕は洋菓子も和菓子も果物も糖質も脂質も大好き。

 

病気の治療を除き、健康体の人間に糖質制限なんて必要ない。

何にでも言える事ですが、大切な事はバランスです。

 

 

 

糖質制限食品は美味しくない

糖質制限が流行して早5,6年。

体のエネルギー源となる糖質を断つことで痩せるという、

原始的かつ命の危険を隣合わせのダイエット法。

 

そういえば、僕が大学生の時には、低GIと略される

低インシュリンダイエットが流行しました。

(原理は糖質制限と同様です。)

 

デザートコーナーでは糖質カットケーキ、パン、プリンを目にします。

糖質カットうどん、米の代わりにカリフラワー、こんにゃくパスタ。(←絶対やだ)

 

戦前は贅沢品だった白いお米。

農家の方が、丹精込めて毎日手塩にかけているお米。

 

今では糖質として、現代人はとり過ぎなんて揶揄されます。

ほんと、粗末な時代だなあと思います。

 

以前、興味本位で糖質制限パンを口にしたところ、不味くはない。

でも糖質フルのケーキ、パン、プリンの方が断然美味しい。

 

わざわざお金を出して購入するのなら、

美味しいものを購入した方が、圧倒的にコストパフォーマンス高です。

 

果物は体に良くない

糖質制限が流行する少し前、果物(果糖)は体に良くないと言われたことも。

血糖値を上げるからだと、原理は糖質制限と同様。

 

台湾ほどではないけれど、日本でも季節の果物は美味しい。

秋はビタミンCが豊富な柿、品種によって食感や甘みと酸味が異なるリンゴ。

 

容易にエネルギー源となるバナナ、ビタミンC豊富なキウイは

1年中安価に手に入るし、言うまでもなく美味しい。

 

糖は体に良くない、現代人は糖質をとり過ぎと揶揄されますが、

美味しいものを楽しめないなんてバカバカしい。

 

対処法は実に面倒でシンプル。

食ったら動く。

食うならバランスです。

 

食ったら動いて食うならバランス

食うならバランス。

食ったら動く。

 

フライパンや鍋の調理、洗い物が面倒なら、

オーブンレンジのオーブンを使って野菜のオーブン焼きがベスト。

 

耐熱皿に、人参、玉葱、イモ、南瓜、ズッキーニ、ブロッコリー、

きのこ、トマト、ウインナー、厚揚げや鶏肉などなど並べて。。。

オリーブオイルぶっかけてオーブンインだけです。

 

果物やケーキは、毎日じゃなく、頻度や量をコントロール。

食ったら走るか筋トレか自転車です。

 

せっかく美味しいものが溢れる時代に生まれたのに、

制限してしまうなんて勿体ない。

 

美味しいものに溢れた人生の方が楽しいよね。

食うならバランス、食ったら動くです。

 

まとめ

今日は嫁に向けたブログを書きました。

 

美味しく食事をするために、自転車で150キロチャレンジしようと誘っても、

頭おかしいと言われ、全然誘いに乗ってくれません。

 

でもさ、うじうじ食事に気を遣うなら、

バババン!っと運動して、食いたいものを食う方がいいよね。

 

健康体なのに糖質制限食品を食らうのなら、

糖質を美味しく摂取して、ガッツリ体を動かす方が絶対おすすめです。

最新の税務記事

2020.11.20個人事業の開業届と青色申告承認申請書の関係と取り扱い

 

今日の言葉

寿司を握る:roll sushi

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です