主夫的税理士生活。野菜のオーブン焼きは主夫の味方。野菜、糖質、脂質、タンパク質をバランス良く摂取可能。

税理士試験に合格した30歳以降、できるだけ自炊をし、

必ず野菜、タンパク質、糖質を摂取するよう心がけています。

勿論、大好きな果物や甘い洋菓子和菓子の摂取も兼ねて。

 

1人暮らしの時は、よくシリコンスチーマーで蒸し野菜。

滋賀へ転居してからは、台湾の大同電鍋で本格的に蒸し野菜。

 

しかし蒸し野菜、やや物足りない時があります。

その原因は、油を使っていないから。

 

ここ1か月程はやや時間がかかるものの、その物足りなさを解決すべく、

野菜のオーブン焼きをするようになりました。

 

 

蒸し野菜に足りないこと

一人暮らしの時、蒸し野菜や魚蒸で活躍したのはシリコンスチーマー。

本当にお手軽に蒸料理が作れるので、5,6年使用してました。

 

台湾の大同電鍋は、もっと本格的な蒸し料理が可能。

煮て良し、蒸して良しの大同電鍋は、魚も野菜もコップ1杯の水で蒸します。

 

 

元々は炊飯器かつ煮込み料理用なので、かなり強力。

スイッチ1つで加熱むらが全くないのがうれしい。

 

しかし、蒸し野菜に足りないのは油分。

パプリカは油で焼いた方が、甘さが引き立つし油と相性がいい。

 

カボチャはフライパンで15分程、弱火でじっくり焼いた方がホクホク感と甘さが強い。

蒸し料理では絶対に味わう事ができない美味しさがあります。

 

ジャガイモや魚も、油で調理した時の、あのパリッと感が蒸料理ではでないよね。

 

最近はすっかりフライパンで焼き野菜を作っていましたが、

いろんな種類の野菜摂取には、オーブンの焼野菜がお手軽だと知りました。

 

オーブン焼き野菜は簡単

オーブン焼きは、シリコンスチーマーや大同電鍋と同じくらい簡単。

 

耐熱皿にオリーブオイルを引いて、野菜をドカドカ詰めて、

最後に調味料とオリーブオイルをまんべんなくかけて200℃オーブンで30分から35分。

 

 

僕がよく作る材料は、

・トマト

・ジャガイモ

・人参

・たまねぎ

・太ねぎ

・カボチャ

・赤黄パプリカ

・ウインナーか鶏ベーコン、又は豚ブロック

・アスパラ

・ブロッコリーの芯

・赤かぶ 

・エリンギ  

・レンコン

・カリフラワー 

・ズッキーニ  

・ローズマリー、ハーブ塩で風味つけなどなど

 

野菜のエキスが染み出したオリーブオイルは、パンを付けていただくとベター。

調味料はドレッシング禁止。

ペッパーミックスソルトか、ハーブミックソルトだけで十分。

 

タンパク源である鶏肉や豚肉、ウインナーからは、

とっても美味しい脂がオリーブオイル染み出ます。

パンに付ける文句が無い旨さです。

 

 

様々な種類の野菜をガッツリいただけるので、非常に満足度も高い夕食になります。

しかしそれなりにデメリットもあります。

 

焼く時間がかかる

オーブンの予熱は、野菜を切っている間にセットすれは時間はかかりません。

しかし、問題は焼く時間がかかること。

 

30分から35分程度じっくり焼くので、腹が減ってさっさと食いたい場合、

流暢な事を言っている場合ではありません。

 

ターンテーブルではないオーブンの場合、

根菜類の配置により、加熱ムラでがきる事が。。。

 

カボチャは熱がよく通りますが、

ジャガイモや人参、レンコンは耐熱皿の配置に注意です。

多めのオリーブオイルで焼くとグッド。

 

水分が多い野菜はクチャクチャに

ズッキーニ、かぶ、玉ねぎなど、水分が多い野菜の場合、

ペチャペチャになることがしばしば。

 

僕はあまりペチャっとするのが好きではないので、

ズッキーニの使用は避けています。

 

玉ねぎは小さいのを、かぶも小さめを1つ程度。

野菜のエキスが染み出て美味しいという声も聞きますが、

イモやカボチャがペチャっとなるのは何とも。。。。

 

水分は多いですが加熱したトマトは驚くほど美味しい。

水分が出る野菜は、1、2種類程度がいいのかもしれません。

 

野菜、糖質、脂質、タンパク質を全て食う

こうやってブログを書きつつオーブンを待っていると、

嫁が鍋を食っています。(嫁とはしばしば食事は別です。)

よく見ると、具材は野菜だけです。。

 

食い終わった後、何やら物足りないのか、

僕のお菓子ボックスをあら捜ししています。

 

こういうのがよくない代表例なんですよね。

 

1度の食事で、野菜、糖質、タンパク質、脂質の全てを適度に摂取すれば、

そんなに多くの量じゃくでもお腹は満たされます。

 

そのどれかをカットするから、どこかに無理が生じて、

もの足りない、お腹空いた!みたいな子供レベルに。

 

生きている以上、糖質も脂質もタンパク質、野菜のどれも必要。

当然ですが、大好きな洋菓子、和菓子も必要です。

 

無理のない範囲内で、全て取り入れてバランスよく摂取するには、

野菜のオーブン焼きはお薦めです。

 

まとめ

野菜のオーブン焼きにはパンがぴったり。

余ったオリーブオイルに浸して食っています。

 

僕は殆ど実行した事はありませんが、

野菜だけのおかずって、非常に物足りなく腹が減ります。

 

古い考え方かもしれませんが、脂質と糖質がないと食った気になりゃしません。

だからこそ、バランスが必要なんだとしみじみ感じています。

最新の税務記事

2020.11.20個人事業の開業届と青色申告承認申請書の関係と取り扱い

 

今日の言葉

見守っているよ:take you witt me

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です