1人でできる業務量はたかが知れている。申告時期に依存しない為に。。

まだ12月も半分残っていますが、想定した確定申告の件数に達したので、

年内をもって、確定申告の受付を締切予定です。

 

欲を持たず、じっくりゆったりまったりがモットーですが、

今回の申告は、少し頑張ってみようと思っていました。。。が。。。

 

わかってはいたものの、1人でできる量や件数なんて、ごくごく僅かにすぎない。

1人で仕事をするという事は、つまらないものだと実感しています。

 

 

 ミスの連鎖を防ぐには時間を要する

今年3月の確定申告は、税理士さんのブログを参考にし、

決算から確定申告までの一連の流れを分割。

 

保守的ですが、決算、申告書、確認・送信、返却物作成など、

処理をする日を変えて目を変えて、ミスの連鎖を防ぐように心がけました。

 

会社員の時から、えいやあ!あーらよっと!で仕事をしていた僕は、

単なる数字の入力誤り、転記相違、漢字や名称の誤りをしばしば。

 

僕のような性格の人間は、単純な事務的ミスが得意。

銀行員の時から、定期の伝票や融資の書類を完璧に描けない性格。

 

自分の特徴はわかりきっている為、確定申告初年度は、

単純ミスを防ぐ防備体制を構築、実感できたらいいと思っていました。

 

ただ、いくつかの作業を分割、人と目を変えて行うと、

それなりに時間がかかってしまい。

 

流れ作業でやってしまえばそれ程時間は要しませんが、

だれも守ってくれない!となると、僕でも過敏になり。。。

 

自分なりのミスを防ぐ方法にやや時間を要してしまい、

1人でできる作業量など、たかが知れているのだと実感しました。

 

 新しい人と出会えると楽しいけれど制限が

単発の申告であっても、純然たる新しい人との出会いであり、

初めて会う時はドキドキなどせず、単純にワクワクします。

 

事業規模に関わらず、初めての業種はワクワクするし、

新規開業者の記帳を、独断と偏見で作るのは楽しい。。。

 

けれど、それにもやはり物理的な制限があり。。。

アールグレイを飲みながら、まったり仕事をしたい。。。

 

そんな腑抜けの僕は、バンバン作業をこなす事ができず、

せっかくの出会いの機会があっても、必然的に制限がかかります。。。

 

ああ、ほんと、1人で仕事をすることってつまらない。

 

 忙しく仕事する!は自分には合わない

先輩方は、ドンドン顧客を獲得して人員を確保し、

収入を増やす方法で、生き残ってきた方が多いようです。

 

あまり同業者の話を聞く事はしませんが、

イキイキと楽しそうだなとも思えます。

 

ただ、やはり僕は圧倒的に1人が好きです。

1人はつまらないけれど、複数で仕事をするよりも精神的に楽です。

 

稼げる時にガンガン取り込んで自分のものにしないと!

ごくごく当然のアドバイスもいただくのですが、

ああ、自分には合わないのだと痛感しています。

 

一般的に忙しい時期(1月から3月)に、バタバタと仕事をする事は、

自分の特性とはマッチしないと気付きました。

 

1人でできる制限なんて、たかが知れている。

だから欲張ってはいけないのだと確信しています。

 

ただ、1年の特定の時期に汗汗としなくても、

食いつないでいく術が必要なんだと、ようやく気付きました。(遅い)

 

ええ、汗汗ガクガク仕事をするなんて、自分の性に合わない。

自分に合ったその術を見つける事は、少しづつ動くしかない。

 

だから税理士業務3年目の来年は、オレは動くぞ!

 

 まとめ

申告時期に汗汗仕事をする事は、

僕は心から嫌だなあと今は感じています。

 

1人でもバンバンこなす人もいるようですが、

僕は多分、まったりじっくり真心を込めるなら、事業を20も30もこなせません。

(みんなやってるんだって。凄い。)

 

しかし嫁は、「いやいや、稼いで生活費入れろよ。」、「スタバくらい奢ってよ。」

と言うのですが、やっぱり自分のペースは捨てれません。

 

最新の税務記事

2020.12.13 特定口座を申告する場合の配当所得と株式譲渡所得の選択方法

 

今日の言葉

こんなに待たせて何やってたの?:what kept you so long

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です