貰って嬉しいいびつで素敵な年賀状。

ひたすらロードバイクに乗っていた年末年始に年賀状が届く。

 

子供の時から殆ど年賀状を書いた事がない僕は、

年賀状ハガキをもらった経験は著しく少ない。

 

一方で、明るく友達沢山派の姉は、毎年凄い枚数。

 

このオレに年賀状を送る人って誰?思ったら、

支部の方や顧問先の方や。

ああ、それが普通なんですよ。

 

そして1つだけ、何やら雰囲気が異なる年賀状が。。。

全然スタイッシュでないけれど、人間らしくて素敵なレター。

 

 

 

今どき自分の言葉で表現された年賀状。

理路整然である必要はない。

いびつで結構。

 

自分の言葉で工夫して、

直筆部分がある手紙を書こうと思う人って素敵。

 

いや、それが本当の手紙なんですね。

オレは年賀状書かないけどさ。

 

最終的に人間が居心地の良く感じることって、

その程度なんでしょう。

 

いびつだからこそ、人間らしくて落ち着くのです。

 

「敬具」とか「記」とか礼儀作法って、意味ないから嫌いなんだなオレは。

だってさ、あんなの書かなきゃいいじゃん。

 

オレ絶対書かないし。

儀礼を重んじるこの国では、意味がない事も大切ですよね。

 

定型で綺麗な常識的な文章は、あたかも立派で読みやすい。

しかし、例え下手でも相手のオリジナルの言葉に、

心がぐっと捕らわれる頻度の方が高い。

 

右ならえの効率化とスマート化は格好いい。

でも手書きで俯瞰してみると、隠し味も何もない。

実際は単純作業よりも退屈だったり。

 

来年は年賀状を書いてみよう。

 

 まとめ

正月三が日は台湾ブログでズルしたため、

今日は今の思いをストレートに表現してみました。

 

せっかくなので、ストレートに嫁に相談。

 

オレ「イライラするエルタックスで給与支払報告や償却資産を電子申告するかレターパックで郵送(370円×10市町村)?」

嫁「レターパックで郵送。(即答)。」

 

大企業の管理職が言うことだから間違い。

 

最新の税務記事

2021.01.02 飲食店の確定申告のポイント。-期末棚卸、レジ売上金、家事消費、社員まかない-

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です