主夫的税理士生活。忙しい時の自宅ランチはただフライパンで焼く野菜がお薦め。

ここ数週間、平日は自宅で仕事をしています。

会計資料を扱う時は、外で仕事をする事はしませんが、

自宅にいると、しばしば悩むのがランチ。

 

12時近くなると、「ああ、面倒くさい」と、

コンビニで弁当、パン、カップ麺を食べているんだろう。

 

と思われているようですが、そんなことありません。

自宅だからこそ、時短で栄養補給でいきるランチをササっと作ります。

 

 

 

 家で昼飯は面倒くさい

昨年の申告時期、自宅での昼飯が面倒でした。

11時半頃に食事の準備を始めようとしても面倒。

 

だらだら仕事をしていると12時を超えてしまい、

食事をする気もなくなります。

 

食事で最も面倒な作業は洗い物。

作って、食べて、洗い物して、の循環を考えるのなら、

コンビニで簡単なものを購入した方が時間的にも節約です。

 

昨年の1月末から3月初めまでは、

ほぼ自宅に引きこもっており、体重も2キロ程増えました。

 

コンビニで簡単なもの、というと、

必然的にパンや米などの炭水化物が中心に。。。

 

そこで家にいるからこそ、ランチは自炊する事を心がけています。

 

 野菜を焼いて終了

昼時にしっかり料理するのは面倒くさい。

とはいえ、コンビニ飯は避けたいし、栄養も取りたい。

 

そんな時は、ただ野菜を焼くだけがお薦めです。

今日は昨日スーパーで安かったトマト、レンコン、カボチャ。

 

単純に野菜を切って、フライパンにアルミホイルで蓋をして、

オリーブオイルで焼くだけです。

最も弱火で15分程度。

 

 

風味はオレガノ、バジル、ローズマリーのいずれでも。

 

焦げ目がついたらひっくり返すだけ。

味付けは胡椒と塩だけ。

 

かぼちゃやレンコンは、弱火でじっくり焼くことで、

ホクホク甘さが引き立ちます。

 

何の工夫もない料理ですが、

焼いている15分間の間に、火元の側にいれば、

それなりに簡単な作業も可能です。

 

自宅で仕事をしていて、ちょっと時間がない!

という時は、気分転換がてら、簡単に調理可能です。

 

 コンビニに行く時間があるなら

フライパンで焼くのが面倒と思いますが、

切って焼いても20分程度です。

 

コンビニに往復して10分使用するのなら、

もう10分間余分に使っても、

栄養があるものをとってもいいのではと、

開業してからは思うようになりました。

 

かぼちゃ、レンコンというと、糖質が多い野菜ですが、

ベータカロチンたビタミン、無機質等が豊富です。

 

同じカップ麺やパンで摂取する糖質とは異なります。

忙しくて時間がない!

そんなフリーランスには、フライパンでただ野菜を焼くだけがおすすめです。

 

 まとめ

フライパンで野菜を焼くだけは、

非常にコストパフォーマンスに優れた料理です。

 

人参やペコロス、パプリカ等を入れれば、

見た目もかなり鮮やかに。

 

ガッツリ食べたい人は、じゃがいもが必須。

ペチャっとなるのが苦手な人は、

トマトやズッキーニは避けた方がベター。

 

時間がない!忙しい時だからこそ、

簡単に作れるただ野菜を焼くだけはおすすめです。

 

ああ、今日は時間がないから、

このブログは15分で手抜きで書きました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です