墾丁観光グルメ情人灘。穏やかで美しい早朝の海は1人情人灘で味わえる。

墾丁の宿泊兼見どころ施設の救国団墾丁青年活動中心を通ると、

青蛙石海洋遊憩公園へ向かうルートに出くわします。

 

存在感がある青蛙石は、ぜひ間近で見たいものですが、

青蛙石海洋遊憩公園へ向かう途中、

途轍もなく美しい浜辺に遭遇します。

 

墾丁といえば、大湾、小湾が人気があるビーチですが、

早朝の静かな時間帯は、情人灘がお薦めです。

 

 

情人灘 基本情報

↓地図です。

 

 

 

 

まず必ず救国団墾丁青年活動中心へ向かいます。

救国団墾丁青年活動中心は宿泊施設ですが、

朱色の建物が宮廷のようで見どころ満載。

 

 

 

 

 

そしてしばしば宮廷内を散策していると、

青蛙石海洋遊憩公園への案内があるので、

素直にルートに入りましょう。

 

僕でも迷わなかったので、

普通の神経の人間なら到達可能です。

 

情人灘はこんなところ

青蛙石海洋遊憩公園までの道を歩くと、

数分で突如こんな浜辺が!

 

 

ドラクエ6のアモールの泉みたい。。。

 

 

朝早い時間帯または平日だった為か、

全く人が無いない。

 

 

 

真っ青な空のブルー、海のブルーは、

なぜこんなにも美しく、人を解放感に浸らせるのでしょう。

 

 

 

恒春から墾丁は非常に風が強く、

波も激しい時が多い。。

 

しかし、ちょうど小さな湾のようになっているので、

比較的穏やかな小さな海岸。

ゆっくりと迫ってくる青い波が美しい。

 

 

南湾、小湾、大湾と人気のスポットは人が多いのですが、

情人灘は全く人がいない綺麗な浜辺。(僕が行った時は。。。)

 

真っ青な海が目の前にあり、

海に入って1人神秘的なブルーに浸りました。

(後先考えず濡れてしまい後悔。。)

 

 

大湾の浜辺も見渡せるので、

景色も波も最高の場所です。

夕日が沈む時の大湾の眺めは格別だろうね。

 

 

南端から東側(ロンガンパークや風吹砂周辺)は非常に波が強いですが、

情人灘周辺は比較的穏やか。

ゆったりとした波音を味わうのなら、

朝早い時間帯が断然お薦めです。

 

 

こういう場所は、やっぱり1人がいいよね。

1人旅の大きな醍醐味です。

 

墾丁の西側の海岸では、

その美しさに最も感動した浜辺でした。

 

 まとめ

今回は、青蛙石海洋遊憩公園の情人灘を紹介しました。

真っ青なブルーの美しさはもはや説明は不要。

 

実際に現地へ行って、その圧倒的な美しさ、

静けさ、穏やかながら厳しい波音を楽しみましょう。

 

1人旅には絶好の浜辺。

朝早い時間帯がお薦めでです。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です