墾丁観光グルメ社頂公園その2。社頂小裂谷を1人ひたすら歩いて社頂凌霄亭までハイキング。

社頂小裂谷の1人ハイキングその2です。

社頂小裂谷は国家公園から巡回するには絶好のルート!

 

国家公園を午前中堪能し、午後は社頂小裂谷をガッツリルートがお薦め。

社頂小裂谷に到達し狭い岩を抜ける、草原に出くわします。

 

 

そしてここからまた1人ハイキング!

永遠と歩き、社頂凌霄亭へ向かいます!

 

 

誰もいないと不安になります。。。

 

社頂凌霄亭

社頂小裂谷が大きな見どころなので、

大抵の人は、社頂小裂谷を後に引き返すようです。

 

ええ、社頂凌霄亭まで行くには疲れるし、

ハイキングになってしまって大変。

道にも迷います!

 

↓地図です。

 

 

凄いですよ。

こんなでっかい岩を、まじまじと。。

 

恒春の関山もデッカイ岩山でしたが、

社頂小裂谷の方が迫力があります。

 

 

歩けど歩けど社頂凌霄亭が見えてきません。

もうひたすら山道。

 

汗は出てくるし暑いし、あまり人がいないし怖い。

西洋の方がハイキングしていますが、

みんなどんどん歩いていきます。

 

 

でも見事な自然の姿ですよ。

こんなところで地震が来たら、

僕の命は確実に岩山と共に埋まります。

 

しばし、風化した岩を見つめていました。

 

 

 

どうやら社頂凌霄亭を通り過ぎてしまったようで、

まだ遠路はるばる引き返すことにしました。

 

でも自然の中を散策する旅行もいいものです。

思いっきり山道なので、それなりの服装が良かったのかも。

 

社頂小裂谷はハイキングコースの為、

思ったより時間がかかり疲労もたまります。

 

 

 

蝶々さんも楽しそうです。

実物はもっとキラキラしていた蝶々でした。

 

虫や小動物のいるので、長袖と虫よけスプレーは必須です。

ぜひ楽しいハイキングを楽しみましょう。

 

 

そして疲れた体にムチをうち、

バイクで篭仔埔草原へ向かいました。

 

 まとめ

社頂公園は広大なハイキングコース。

歩くとかなりの運動量になり疲労がたまります。

 

1月は汗をかいて冷えて体力が奪われます。

僕はこの後、篭仔埔草原と大湾に向かい、

その晩はかなり疲れていました。

 

ハイキングでは、ウインドブレーカーやハイキングシューズが必須。

1人の場合は甘くみず、服装や飲み物、WiFiは切らさないよう注意しましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です