仕事中のイライラには音楽よりもアロマ精油がお薦め。

仕事の集中力を高める為に、

音楽、ラジオ、YouTubeを流す方が沢山いるようです。

 

僕も自宅やコアワーキング(勝手に)で、

工藤静香や中森明菜、松田聖子を流しています。

 

しかし、「あっ、やべミスったかも。。。」

「あれ?これなぜこうしたんだっけ?」

とドキドキしている時は、大いなる雑音に。。。

 

仕事をしながら音楽もいいですが、

僕はよく自宅で仕事をする時は、

アロマディフューザーを楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 天然アロマは使い分けが楽しい

精油の最も良い部分は、種類ごとに使い分けが無数である事。

僕がしばしば使用しているのは、

下記の基本的な精油です。

 

ゼラニウム、レモングラス、イランイラン、フランキンセンス、シトロネラ。

 

 

 

 

レモンに近い匂いのシトロネラは、

虫よけには最強と言われています。

 

静岡に住んでいた当時、築30年のボロアパートは、

夏場にゴキブリにしばしば遭遇。

 

しかし、シトロネラを炊くようになってから、

退去前の5年間は一度も出会いませんでした。

 

スッキリしたい時はフランキンセンス。

寝つきをよくリラックスしたい時はゼラニウム。

好きな子と今晩頑張る時はイランイラン。

 

基本的な精油は仕事でもリラックス効果が高く、

しーんとした自宅では、ディフューザーの音と共に、

癒しの効果抜群です。

 

 仕事中のイライラを軽減

仕事中イライラしてしまうと、

中々先に進まない事があります。

 

特にこの2カ月は、そんな事もしばしば。

先に進まないどころか、気持ちがリラックスできていないと、

思い切った発想すら生まれてこない事も。

 

また、自分の気持ちに余裕が無いと、

全体を俯瞰する事もできません。

 

本当は、これらは開業1年目に経験するのでしょうが、

初年度自慢できるほど遊んでいた僕は、

全て1年遅れで墓穴に埋もれています。

 

ちょっとしたことでストレスを感じたり、

上手く作業が流れないと、気持ちに余裕が無くなったり。。。

 

出来る限り心をリラックスさせるために、

嗅覚からリラックスさせるようにしています。

 

 心境によってアロマを使い分ける

花粉症や夏場におススメの精油は台湾ヒノキ。

台湾に行った時に、台東鹿野でワンサカワンサカ購入。

 

 

 

フランキンセンスよりもハッキリと香り、

スッキリ感がかなり強いです。

 

ヒノキの香りなので、日本人にはぴったりです。

甘い香りが苦手な方にもおすすめで、

木のハッキリとした香りは、仕事がはかどるはずです。

 

また、ちょっとテンションが高い時は、

シナモンとジンジャーも仕事にはお薦めです。

 

これから顧問契約の面談だけど、

気持ちをあげていきたい!という時は、

ジンジャーは心を高揚させる効果があります。

 

シナモンと合わせると、かなりワクワクする香りに。

どちらも香りレベル強なので、量には注意です。

 

自宅で仕事をする時には音楽もいいいですが、

天然アロマを楽しむ事も仕事がはかどります。

 

イライラする今だからこそ、お薦めです。

 

まとめ

今日は顧問契約のZOOM面談だったので、

テンションをあげるため、

ジンジャー+シナモン+パイン。

 

アロマの力を借りた甲斐もあり、

上手く事が進みました。

 

そして午後はご報告を済ませ、

明菜の難破船を聞きながら、再びアロマを炊いています。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です