ネガティブだからこそ、オンラインセミナーをやってみよう。

先週、事務所HPの価格改定をしたついでに、

オンラインセミナーのページを作成。

 

セミナーといっても、ザ・セミナーではありません。

オンラインでマンツーマンで、ザ・談話会のイメージです。

 

明るく「キャッキャ」ときめくSNS等は行っていないので、

宣伝広告や告知は全く行いません。

 

HP上と今日のこのブログ投稿だけが宣伝です。

これといった日程は設けません。

個別相談と同様に随時です。

 

そんなんで申込があるのかよ?

と一般的に懐疑的ですが、実験的に実施します。

 

 

人脈がない=起業に向かないだって!?

2019年4月に開業して以来、

これといった他者との繋がりはありません。

 

辛うじて数回?連絡をした京都の税理士さん。

愚痴を聞いてもらう、同じ支部の1歳上の税理士さん。

 

仕事から現実逃避をすべく、長電話をした大津の税理士さん。

地元のエリート税理士法人に勤務する、銀行員時代の同期の税理士さん。

(ああ、何て差がついてしまったんだ!)

 

ツテや人脈がないと、起業は厳しいと言われます。

そしてリアル営業や繋がりは必要だという事も知っています。

 

起業して成功するなら人脈広げて、

明るく和気あいあいが大切。

 

仕事は結局、人脈がものをいう。

そりゃ、そうでしょうよね。

 

じゃあ、暗い人間は起業できないって!?

日本全国明るくポジティブな起業家のみなさんじゃあるまい。

 

心の奥底から唸る程苦手であれば、

どうにもなりません。

 

薄暗い人間は起業向かないと、

開業前にある書物で読みました。

 

でもさ、自己啓発本にダメの烙印を押されるなんて、

何だかしゃらくさいじゃんね。

 

だから暗い面持ちの中で開業し、とりあえずまだ継続しそうな

僕の現状を談話してみる事にしました。

 

 暗い話を聞きたかった開業前の会社員時代

僕は開業する事が嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 

開業1年前の2018年1月、会社員を辞め開業すると決めたのに、

滋賀県で開業する事が本当に嫌でした。

 

怖いのではなく、嫌でした。

 

何も仕事が無い毎日は、目に見えていたから嫌でした。

 

そして24時間365日、一体何を考えて何をしているのか、

会社員の時は、全く想像する事ができず怖かったのです。

 

SNS等やブログ等では、明るい話題しか上がりません。

大抵の場合、暗い(真実)話題は避けられる傾向に。。

 

僕が開業前に最も知りたかった事は、何もない時に、

何を感じて生きていたのか(空虚感)といった事でした。

 

空虚っていう言葉は、今でも本当に恐怖です。

 

過ぎ去ってしまえば、

「そんな時もあったよねー。ははは。」でしょう。

 

しかし、これからそれを迎えようとしている僕は、

怖くて怖くて仕方ありませんでした。

 

怖い!と思う理由は知らない(見えない)からであり、

少し触れてみると、幾分怖さは緩やかになる事があります。

 

自分が開業前に聞きたかった事を、

チョイスしてみたいと思います。

 

 ネガティブな人間が参加したいセミナー

僕は開業後、2回セミナーに参加しました。

でも本当は、セミナーって苦手です。

 

不特定多数の人の中で、僕は質問する事ができない人間です。

その場で既に何かしらの輪が形成されていると、

余計に「ああ、こういう雰囲気嫌だな」といった思いが。。。

 

プライベートの集まりに参加しても、発言する事が出来ず、

何となく消化不良な事もあります。

 

そういう人間って、実は一定数存在します。

マンツーマンであれば、外野は誰もいません。

 

2年目の売上も、今の仕事の内容も、

知らない土地で開業して一体どうだったのか、

売れっ子ではない僕が、たった一人の為に捧げる予定です。

 

 まとめ

そしてセミナーを行う最もメインの理由はいうまでもなく、

自分自身の為です。

 

ブログではこの投稿以外宣伝はしません。

もう天秤にかけられるなんて、まっぴらごめん。

 

僕は自分の仕事は、選出してくれた1人の為だけに行います。

同様にセミナーも、1人の為だけに行います。

(カッコいい事が言えるから。)

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です