新竹観光するなら北埔がおすすめ。北埔は台湾の伝統的な食材購入に最適。

台北観光よりも断然おすすめの新竹。

新竹観光で欠かせない場所と言えば北埔。

 

このブログでも少し投稿済であり、

僕が子供の時に地元で見た、懐かしい風景も。。。

 

伝統的な客家料理のお店も軒を連ねますが、

北埔はお土産に最適な食材の宝庫。

 

台北でお土産を買うのなら、

新竹で台湾の伝統的な食材を購入しましょう。

 

 

北埔 基本情報

北埔はシリコンバレーである新竹の片田舎。

 

新竹は台北観光よりも断然お薦めですが、

北埔はのんびり観光が楽しめます。

 

ちょっと山の集落っぽいですが、

花蓮や台東、屏東とは全く雰囲気が異なります。

 

 

 

こちらは既に投稿済ですが、

穀物をすりつぶしていただく、伝統的なライ茶のお店です。

 

最高級の東方美人も購入できますので、

台湾でしか購入できなオリエンタルビューティーは、

必ず手にしましょう。

 

 

 

きな粉のお餅は重量感たっぷり。。

 

 

 

ライ茶は滋養強壮効果があり、栄養抜群。

男性にはきっと嬉しい効果が。

 

2020年初頭のこの時は、20日間の旅行の終盤で疲労が。。

しかしこの夜、このライ茶効果であろう、

俺はキ〇タマが凄い元気になりました。

(行き先はご想像にお任せします。。。)

 

 

 

 

伝統的な客家料理のお店。

 

 

 

日本だと、ちょうどきしめんのような平たい麺(粄条)です。

脂と相性がよく、これを嫌う日本人はいないでしょう。

 

 

 

お肉もレアでジューシーで最高。

 

 

 

しかし北埔は、飲食店だけではありません。

ここはお土産の食材は買うのに最適です。

 

お土産を沢山買おう

自然の素材で作られた色鮮やかな籠。

台北で購入するよりも安価です。

 

 

 

 

なかなか持ち帰るには大変ですが、

僕は後先考えず、購入してしまいました。

 

甘い餡やひき肉、カレーなど、様々な饅頭が販売されています。

中華系独特の饅頭は、その姿に心を奪われます。

 

 

 

ひき肉系の饅頭は、日本では全く馴染みがないので、

最初は少しびっくりしますが、

何度も台湾に行くと、普通になります。

 

12月1月の旅行最終日前日であれば、

持ち帰ってもいただくことができます。

 

鮮やかな饅頭は、目で見ても楽しめます。

 

北埔は柿も有名です。

干し柿があちらこちらに売られています。

 

 

綺麗なオレンジ色の柿に目を奪われます。

一口いただくと、とっても甘い!

 

しかし、スッキリとした透き通る爽やかな甘さ。

日本の干し柿よりも柔らかくて食べやすい。

 

 

これは東方美人とよく合うでしょう。

ねっとりしていて美味しい。

 

そしてメインの柑橘系です。

鮮やかな柑橘果物が、沢山売られています。

 

 

そして特産品の金柑ソース。

北埔来たら、これを買わずして帰れない!

 

 

フルーティーな金柑ソースは、

しっかり水きりした豆腐によく合います。

 

フルーツソースというとヨーグルトですが、

金柑ソースは豆腐や焼いた厚揚とマッチ。

 

これは素晴らしい伝統的な台湾の食材です。

 

他にも手作りのフライガーリックなどなど、

様々な調味料が販売されています。

 

 

北埔は台湾の伝統的な食材の宝庫。

台湾のお土産を購入するなら、北埔がお薦めです。

 

 まとめ

今回は北埔のお土産編を投稿しました。

ぐるっと台湾一周する場合は、新竹に宿をとるのがベター。

 

時間があれば、新竹に3日間滞在し、

丸1日は北埔を楽しんでも時間がないくらいです。

 

コロナの今はぐっと我慢。

数年後、北埔へ再訪できる事を祈ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です