滋賀の名店 蔵尾ポークしゃぶしゃぶ。ヒレカツも旨い。脂が旨い。やっぱり旨いしゃぶしゃぶは蔵尾ポークで。

確定申告頑張りました。

もう税理士を卒業します会を嫁さんと開催しました。

(怒られたけど。。)

 

個室でゆっくりできる近場と言えば、

以前投稿した蔵尾ポークしゃぶしゃぶ。

 

2回目の訪問で、前より1つ上のコースです。

やっぱり旨いしゃぶしゃぶは蔵尾ポーク。

 

前菜もヒレカツも、間違いがない美味しさです。

 

 

蔵尾ポークしゃぶしゃぶ

住所は草津市渋川1丁目7−6−1。

草津駅から5分のナイスな距離です。

 

 

 

個室なのでコロナ対策万全です。

しかし、飯は黙って食いましょう!

 

バカの1つ覚えのようにベラベラ話して食うのではなく、

黙って食いましょう。

 

 

 

 メニュー 実食

まずは、命を捧げていただいた家畜に感謝します。

鶏も豚も牛も魚も、その命をいただいています。

 

どんなに可哀そう!と思っても、

人間は肉を食べないと、生きていけません。

 

命をいただくことに感謝して、

心から美味しくいただきましょう。

 

 

 

 

前菜です。

個人的には、左下の焼いた豚が最高に旨かったです。

 

脂が旨いという感触は、美味しいお肉でないと、

そうそう味わえない感触です。

 

辛いジンジャーエールと一緒に、

ゆっくりその旨みを味わいました。

 

 

 

ヒレカツです。

僕は調味料は付けません。

 

豚さんのそのままの味をいただきます。

とんかつ屋さんのカツよりも美味しい。

 

上品な柔らかさと豚肉の香りが。。。

このヒレカツと白いご飯でもいいかも。

 

海藻の塩を少しだけ付けると、なお甘い肉が引き立ちます。

柔らかい蔵尾ポークは、カツサンド+辛いマヨでも最高でしょうね。

 

 

しゃぶしゃぶをいただきます。

まずはつみれからです。

 

だしは昆布だし。

かなりハッキリとした昆布の味が美味しい!

 

僕はガブガブだしを飲んでしまい、

最後の雑炊の時に、だしが足りなくなりました。

 

 

 

 

お肉です。綺麗なお肉。

モモやウデは強くハッキリとした肉の旨みが。

バラはコッテリとした上品な甘み。

ロースはアッサリ系。

 

個人的には、ウデがガッツリといけて美味しい。

 

 

 

脂が浮いただしは、一口飲むと最高のスープです。

 

 

 

僕はお肉は塩でいただきます。

香りがいいお肉は、脂も甘くて美味しい。

 

 

 

モモはゴマダレでもいいけれど、

香味野菜と一緒にそのままいただくのがベター。

 

しっかりと豚を味わいを感じます。

 

 

 

お肉の旨みが染み出たスープで雑炊です。

美味しい昆布だしと豚肉の旨みたっぷりのスープは、

最高の雑炊の材料です。

 

雑炊のだしも肉の甘みが表れています。

 

やっぱり蔵尾ポークは美味しい。

しゃぶしゃぶもヒレカツも美味しい。

 

お祝いや記念日には、蔵尾ポークがぴったりです。

 

 まとめ

今日は2回目の蔵尾ポークを紹介。

ヒレカツは柔らかくて最高。

 

むしろヒレカツと白いご飯の組み合わせが欲しい。

しゃぶしゃぶは何度食べてもその脂が甘く、

旨みが染み出たスープは最高です。

 

しゃぶしゃぶをいただくのなら、

蔵尾ポークがやっぱりお薦めです。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です