税理士試験中は浮気心を抱かない。本当に欲しいただ1つに一極集中。

少し前に金融機関の方と雑談中、

複数資格取得の勉強について話題になりました。

 

金融機関というと、内規で取得が推進される資格も多く、

業務検定やFP、簿記、更に上の国家資格をかけ持つ方も。

 

税理士試験を勉強しながら、

他の資格の勉強をする方もいるようです。

 

二兎を追うものは。。ではありませんが、

明確に欲しいものが1つ決定している時は、

浮気心を抱かず、たった1つに的を絞った方がベターです。

 

 

 

 不安で何もかも欲しくなる

何か1つ資格の勉強をしていると、

様々な資格の情報が舞い込みます。

 

「税理士試験周辺」では、社労士、診断士、FP、

宅地建物取引士、行政書士などなど。。

 

学生の時には複数の資格取得に励む人も。

僕が社会人になった頃は、とりわけFPが人気でした。

 

2級、3級程度であれば、あまり良い言葉ではありませんが、

そこそこ勉強すれば、サクっと合格可能でした。

 

これは僕の経験ですが、学生の時は就職活動が不安で、

複数の資格取得の勉強をしようか。。と思った事も。。

 

周囲では、秘書検定、簿記検定、漢字検定、

FPや診断士の勉強などをする人の姿が沢山。。

 

勉学に励む姿に、焦りと不安を駆り立てられます。

社会人になってからは、銀行業務検定というものにも遭遇。

 

診断士、宅地建物取引士、FPなどは昇進スコアにも影響し、

銀行側も定期的に資格取得を促進し、

若い職員には、複数の資格取得を頑張ろうとする方が。

 

会計事務所に勤務したら、

なぜか資格取得の励む方は皆無でしたが。。。

 

僕も組織に身を置いていたので、

周囲の姿に不安と焦りを感じてしまいました。

 

税理士試験の長いトンネルの最中には、

他の国家資格に浮気をする方もいます。

 

しかし、銀行勤務の時に受験したものは、

銀行業務検定の財務3級と2級、法務3級のみです。

 

周囲が受けるから、といったように、

あれもこれも、他の資格に浮気しませんでした。

 

 欲しいものただ1つに集中してみよう

税理士試験はやっぱり大変。

 

若さもやる気も、お金も奪うと言われています。

首尾よく進行しない事の方が殆ど。

 

上手くいかない時は周囲の責めにして、

他のキラキラしたものに心奪われることも。

 

しかし、本当に欲しいものがある時こそ、

ただ1つに一極集中してもいいのではと。。。

 

銀行勤務していた時は、FPの勉強をしている方が多数。

そんな周囲の中で自分は、心穏やかではありません。

 

ただし、揺れる弱い気持ちを振り払う強さも、

とりわけ税理士試験勉強中では必要かと思います。

 

本当に欲しいものがある時は、

ただ1つに賭けてみるのも悪くありません。

 

 試験が終わってから他の資格にチャレンジ

僕は税理士試験合格後、

皆が受けていたFPを受験しました。

 

試験自体はかなり面白く、

自分にとって勉強になります。

 

ただし、どうせ受験するのなら、AFPやCFPではなく、

1級FP技能士の取得がお薦めです。

 

僕は3級 → 2級 → 1級と段階を追いましたが、

1級はそこそこ手こずります。

 

僕は今でも社会保険関係について弱いのですが、

1級の勉強は奥が深く、今でもテキストを見返します。

 

そして2回の面接口頭試験では、高度な内容で緊張感たっぷり。

面白い内容の面接試験です。

 

税理士試験中に浮気をしたくなったら、

自信をもって、ただ1つの税理士試験に一極集中。

 

浮気心はほんの浮気程度に留め、

試験を終えた後、勉強をした方がベターです。

 

 まとめ

二兎を追ってもいいじゃないと日常思います。

しかし、本当に欲しいものがある時は、

他に心が揺れ動かないものです。

 

実際問題、あれもこれも同時に

吸収できるわけもありませんし。

 

1つ欲しいものがあるときは、

ただ1つに集中した方がベターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です