台湾マンゴーがやって来た。完熟した台南愛文マンゴーを日本で味わう。

※お知らせ※

数少ない読者の方々。

また偶然、このくだらないブログに到達された方々。

 

6/24より帯状疱疹の猛烈な痛みと対峙しています。

神経痛が酷く、PCのタイピングが痛みに響きます。

 

ゆえに、当面このくだらないブログを手抜きします。

手抜き期間のブログは後日、加筆修正いたします。

 

手抜きするなら書くなよと思われるかれしれません。

いつも手抜きじゃんと思われるかも。

 

そこはお手柔らかにお願いします。

 

 台湾マンゴーをいただきます

台湾マンゴーです。

台南のマンゴーの産地からです。

 

 

 

 

あららぶっくりとした完熟マンゴー。

 

 

 

これはおそらく贈答用ですよね。

マンゴーは真ん中に切り目を入れます。

 

 

 

ぐるっと一周します。

 

 

そしてくるんと2つに。。

 

 

綺麗なオレンジ色です。

 

 

完熟しており、マンゴージュースが弾けます。

 

 

つやっつやで素晴らしい。

 

 

完熟しており、糖度が高い。

 

 

 

美しい完璧なマンゴーです。

 

 

 

 

まるでプリンのようです。

 

 

 

開業した2年前に5回旅行した屏東や恒春では、

マンゴーは1つ40元程。日本円で160円程です。

 

今回オーダーしたのは12個で10,000円です。

そりゃ物価が異なるので当然です。

マンゴーをいただけたことに感謝しています。

 

 まとめ

なし。

後日加筆修正します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です