租税教室講師をごめんなさいした理由。

来週は1年半ぶりの租税教室の講師。のはずでした。

帯状疱疹の為、先週の金曜のごめんなさい。の連絡をしました。

 

手っ取り早く言うと、「やっぱりできません。」です。

 

企業戦士!や仕事命!であれば、

我慢して行うのが普通でしょう。

 

しかし、ここは迷惑承知で思い切って、

ごめんなさいをしてしまいました。

 

 講師をごめんなさいした理由

税理士の世界では、(特に開業税理士では)

来るもの拒まずという精神が根強いと聞きます。

 

先輩の開業税理士のお話しを聞いた時も、

皆さんはそのようにおっしゃっていました。

 

多少調子が悪くでも、頑張って真っ当する事が、

大人の世界では常識なんだと思います。

 

ただ、直前になってやっぱりできません!

という事は、さすがに避けたいなあと。

 

1日前、2日前に連絡されたら、きっと困るでしょう。

しかし、ごめんなさいをした理由は、それだけではありません。

 

 100%の力で準備できない

今日で通院をして1週間ですが、

まだ発疹自体は消失していません。

 

針で突き刺される痛みは軽減されていますが、

その代わりに、発疹部分の神経痛がかなり響きます。

 

今のこの状態なので、今週準備する事は無理だったでしょう。

根性でがんばる事も可能でしたが、そのつもりはありません。

 

僕は人前で話す事が大嫌いなので、

租税教室の講師などする器ではありません。

 

ただし、租税教室は他人に伝えるという訓練の場なので、

可能な限り機会があれば、挑戦したと思っています。

 

しかし、緊張でままならない事はわかっている為、

毎回かなりの予行演習と時間配分を兼ねた練習をしています。

 

発することは一度全てワードに書き出して、

間を取る練習、時間を計って練習をします。

 

そんなんなら、止めてばいいんですが、

ネガティブな性格なので、仕方ありません。

 

それらの準備を100%の力でできたかというと、

ぜんぜんできませんでした。

 

何をもってプロなのは、立派な事は知りませんが、

少なくとも、何かに対峙する際は、

100%の力で臨む事が自分の流儀です。

(税理士試験も同様です。)

 

それができないのであれば、さっさとごめんなさいです。

 

 伝えるべきことは変化していく

今まで租税教室は、過去2回、合計4コマ行いました。

DVDは使用せず、生徒さんに考えてもらうような形式にしています。

 

そして最後には、僕が伝いたい事を明らかにする形で

締めくくるようにしていました。

 

昨年はコロナで開催できなかったようで、

最後に行ったのは、昨年の2月中ごろ。

 

ちょうど、コロナが酷くなる直前でした。

 

あの時と今の世の中はまるっきり異なっており、

税金の使われ方について説明するには、

テキストよりわかりやすい事例が多く存在。

 

ここ1年程滋賀県の散策(旅行?)してきて、

なるほど、滋賀県内で当たり前にある日常風景にも、

多額の税金が投入されている事を知りました。

 

租税教室のテキストは単調ですが、

その時々に伝えなくてはならない事は、

常に変化しているのだと実感できます。

 

またの機会があれば、挑戦してみたいと思います。

 

 まとめ

なし。

後日加筆修正。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です