京都の名店CURRY&BAR240。個性的なスパイスカレーが化学反応するCURRY&BAR240が絶品。

京都とい言えばカレー。

カレーと言えば京都。

 

京都には様々なスパイスカレーのお店が点在し、

毎回感動が絶えない瞬間を感じています。

 

今回は二条城側のCURRY&BAR240。

京都漫画ミュージアムへ行く際は、

三条通りをゆっくりと散歩しながら、行ってみましょう。

 

 

CURRY&BAR240 基本情報

住所は京都府京都市上京区聚楽町863−25 朝田ビル。

二条駅から北に真っすぐ約10分程。

 

 

 

店内はテーブル席とカウンター席が数席。

11時の開店と同時に突入し、お客さんは僕だけ。

 

 

 

若い頃に夜楽しんだクラブ系の音楽が流れ、

中々居心地がいい空間です。

 

仕切りもあり、コロナ対策は万全です。

1人で訪問し、黙っていただくのが鉄則です。

 

 メニュー

メニューです。

価格はかなりお手頃です。

 

 

 

 

本来は、2,000円くらい支払ってもよいお料理です。

ここは勿論、3種のあいがけです。

なんて美しい!

 

 

 

帯状疱疹だったので、3週間ぶりのスパイスカレーです。

どうしてこんなに美しいのでしょう。

 

ムール貝のクリームカレーです。

マイルドですが、意外にスパイス感が強くびっくり。

3種の中では一番好きな味でした。

 

 

スリランカカレー。

お肉は本当に繊維状で柔らか。

 

スリランカカレーはめったにお目にかかれませんが、

一度、スリランカカレー単独で食べてみたいと思える、

非常にバランスが取れたスパイスカレーです。

 

 

酸辣湯ポークチキン。

初めていただくカレーです。

個性的なスリランカカレーはどんな味か楽しみ。

 

 

 

白いのはマヨネーズではありません。

ピクルスです。

勿論、美味しかったのですが、

その演出にびっくりしました。

 

ムール貝のカレーは非常にマイルド。

辛さはあまり感じませんが、スパイスは確かに香ります。

 

酸辣湯カレーと混ぜていただくとなお良し。

割とグリーンカレーに近い風味です。

ムール貝のカレーのマイルド+スパイス感が絶妙です。

 

 

スリランカカレーはお肉が沢山。

繊維状に柔らかなお肉がたっぷりで、

かなりガッツリいただけます。

 

 

 

酸辣湯のカレーは、コッテリ感があり、

スリランカカレー、ムール貝のカレーより、辛みがあります。

バランスがとれたています。

 

 

やや油分がありますが、びぴっとしたスパイスと辛さが病みつきに。

夏にはぴったりのカレー。

 

カレー同市を混ぜて一緒にいただいてもなお旨い。

ええ、ムール貝のカレーと酸辣湯を混ぜると、

スパイスが互いに拮抗し、パレート最適に。

 

あまりにツボにはまってしまい、

一気に口に運んでしまいました。

 

個性的なスパイスカレーは、

CURRY&BAR240で決まりです。

 

 まとめ

今回は二条城側のCURRY&BAR240を投稿しました。

個性的なスパイスカレーは最高の一言。

 

メリハリが気が利いた3種のあいがけは、

少し混ぜていただくと、化学反応が起きます。

 

スパイスカレーが本番の季節は、

CURRY&BAR240がお薦めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です