レトルトカレー的税理士生活。タイの台所。タイで食べたタイカレー。

タイカレーと言えばグリーンカレー。

マイルドなココナッツミルクとパンチのある辛さが特徴。

 

タイ料理屋さんまで行けない時は、

レトルトのグリーンカレーが活躍します。

 

タイで食べたタイカレーシリーズは、

はずれの無いタイカレーをいただけます。

 

 

タイの台所。タイで食べたタイカレー。グリーンカレー編

タイの台所のカレーシリーズは、

グリーン、レッド、イエローの王道の3種類があります。

 

僕はマイルド+しっかりとしたパンチのある辛みを楽しめる、

グリーンカレーが大好きなので、グリーンカレーをよく買います。

 

とりあえず、表記上は添加物等は無いようです。

あまり気にしませんが。。。

 

グリーンカレーペーストを買って自宅で作ることもありますが、

意外に面倒くさいんですよね。

 

匂いもかなり部屋に充満してしまうので。

タイカレーはお店でいただくか、レトルトで済ますのが正解です。

実食!

しっかりとしたグリーンカレーの匂いが漂います。

 

 

レトルトのグリーンカレーというと、お店とは異なり、

具材の多さは期待できません。

 

お店でいただく時は、ナス、パプリカ、キノコ、

鶏肉、筍などがトッピングされていますが、

レトルトのグリーンカレーはどうでしょう?

 

やはり具材は鶏肉と筍のみ。

ここがレトルトカレーの弱いところです。

なので、カレーの味で勝負です。

 

 

これは旨い!

具材は少ないですが、意外にも鶏肉はしっかりした味です。

 

柔らかでカレーの旨みも染み込んでおり、

具材の少なさの不満を感じさせません。

 

むしろ、お店でいただくグリーンカレーの鶏肉よりも美味しいかも。

 

カレーはココナッツミルクをしっかり感じます。

あのココナッツミルクとグリーンカレーの節妙なバランスが、

濃厚な辛さを感じさせ、病みつきになります。

 

 

グリーンカレーのには、やはり白米。

マイルドと辛さのハーモニーがたまりません。

 

お店でいただくのとは、やや辛さが抑えられていますが、

鼻水が出る程度のしっかりした辛みがあります。

 

価格は250円程度なので、コストパフォーマンス最高。

価値あるグリーンカレーです。

 

 まとめ

今回はタイの台所。タイで食べたタイカレー。の

グリーンカレーを投稿しました。

 

レトルトならではの具材の少なさが気になりますが、

ココナッツミルクのマイルドとグリーンカレーの辛さの演出は、

お店でいただくグリーンカレーさながらです。

 

250円というコストパフォーマンスも最高であり、

一度はいただく価値があるカレーです。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です