レジ袋は家庭で利用できて優秀。プラスチックトレーは利用価値がなく邪魔なプラスチックごみ。

僕はお買い物袋を毎回貰います。

一時期、マイバック持参しましたが止めました。

 

マイバックは毎日洗濯しないと不潔であること。(本当に汚いです。)

お買い物袋は、家庭のごみ処理に利用できるからです。

 

しかし、嫁さんはマイバックを持参する代わりに、

プラスチックのトレーの商品を買ってきます。

そして、透明のビニールにわざわざ入れてきます。

 

僕からすると、何ら家庭で再利用できない

プラスチックトレーの方が、邪魔で邪魔で仕方ありません。

 

 

緊急事態宣言明けの湖岸

 

 環境汚染は個人のモラルが大

昨年のお買い物袋有料化以降も、

僕はお買い物に袋を貰います。

 

家庭の生ごみ処理に毎日使用するからです。

また、ちょっとした袋が欲しい時、

お買い物袋は非常に役に立つからです。

 

決してお買い物袋を、琵琶湖にほいっとなんて放置しません。

 

プラスチックごみは確かに問題ですが、

ほぼ100%は個人のモラルの問題です。

 

環境汚染の観点からお買い物袋を考慮するのであれば、

めっきり効果は薄いとみんな知っているでしょう。

 

 ごみ量はプラスチックトレーが大

嫁さんが刺身や寿司をよく買ってきますが、

僕は毎回イライラ。

 

トレーが果てしなく邪魔です。

トレーならまだいいですが、蓋とセットになると最悪に邪魔です。

 

家庭ごみがすぐにがさばります。

主婦のからたらみんなイライラしているでしょう。

 

寿司なんて紙の容器にしやがれよ。と思いますが、

消耗資材の価格の観点を鑑みると、

そういうわけにはいきません。

 

鮭やぶりの切り身なんてビニール袋でいいじゃん。

って思いますが、ここは台湾ではないので仕方ありません。

 

プラスチックごみを無くしたい!という観点を鑑みれば、

肉や魚のトレーの方が大問題でしょう。

 

 結局はマナーの問題

10/5の誕生日、イライラしていた僕は、

米原のクラブハリエ、ジブルリタンまでサイクリング。

 

1日から湖岸の駐車場閉鎖が終わり、土日の2日と3日は、

キャンプを楽しむで満員だったようです。

 

そして人が増えれば環境は汚染されていきます。

所々にこんな光景が。。。

 

 

結局は、プラスチックごみがあろうとなかろうと、

人間のモラルの問題なんでしょうね。

(地面に直火をしている方も。。。)

 

滋賀県は僕の地元ではありませんが、こんな光景を見ると、

2度と滋賀県に来るなと思います。

 

僕はお買い物袋を購入しますが、

決して置き去りにしたりしません。

 

プラスチックごみ削減!キャンペーンではなく、

個人、特に大人のモラル教育を実践すべきです。

 

まとめ

マイバックを持参しつつ、豆腐をビニール袋でつつみ、

きゅうりやトマトをビニール袋でつつみ、

バックされた魚をビニール袋でつつみ。

全然プラスチックごみ削減どころではありません。

 

しかもあの薄っぺらいビニール袋は、

家庭ごみに耐えうるにはやや貧弱です。

 

スーパーやコンビニのレジ袋は、

本当は非常に優秀な家庭のおともです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です