台湾果物は現地で食べるのが一番!お取り寄せよりは現地に市場には敵わない。

今年に入り、中国の台湾果物輸入停止措置の影響により、

日本の店頭に台湾パインが大量に並びました。

 

また、海外渡航停止に伴い多くの旅行サイトでも、

台湾マンゴー、ライチ、ナツメ、文旦の取り扱いが開始。

 

僕もマンゴーとライチを2回づつ購入しました。

しかし、???と思う所もあり、もう購入はしないでしょう。

 

その理由は、現地で食べる方が圧倒的に美味しいからです。

 

 

 現地の市場で買う果物が美味しい

海外宅配されたマンゴーやライチは当然美味しい。

なぜなら、こんな美しい箱で輸送されてきました。

 

 

 

これは現地だったら、かなり高級なマンゴーです。

僕は台湾旅行中、こんな綺麗なマンゴーは買ったことがありません。

 

3つで50元(200円程)くらいの、安くて黒く熟れたものが殆ど。

やはり市場でマジマジと様々な果物を見ながら購入した方が、

断然美味しさもアップ。する気がします。

 

 

5月のスーパーに並んだパインも、市場の芳しいパインの香りを

楽しみながら購入した方が、美味しさもアップ。

 

何より、買ってすぐに食べる方が美味しさを味わえます。

果物は現地の市場で購入する方が、やっぱり美味しいです。

 

 その土地で食べることが大切

以前大阪の友人の実家に遊びに行った際、

大阪で初めてたこ焼きを食べました。

 

静岡出身の僕は、麺類以外の粉物を食べる習慣はありません。

たこ焼きというと、特別感があります。

 

やっぱり初めて大阪で食べたたこ焼きは美味しかったのです。

味自体はわかりませんが、その雰囲気が美味しさもアップ。

 

そういう雰囲気って、僕は大切だと思います。

 

マンゴーやライチ、なつめを海外宅配で食べるのは美味しい。

しかし、当然ながら、あの台湾の市場感とその場でナイフで切って、

直ぐに食べる美味しさは味わえません。

 

 

朝早く市場で沢山の果物を見物して、様々な果物を買って食べる。

これは台湾旅行の醍醐味の1つです。

 

やはりその大きな楽しみは、今後に確保しておくことにしました。

台湾果物を食べるのなら、現地で食べる美味しさを超えられません。

 

 お取り寄せは価格もそこそこ

マンゴーやライチは1箱9000円程でした。

輸入手数料等がかかるので、仕方ありません。

 

しかし、現地で200円程で3つ購入できたことを考えると、

やはり高級品だと感じてしまいます。

 

かなり質が良いマンゴーだったので、

それでもお買い得かもしれませんが、

そんなに高級なマンゴーでなくても。。。

 

黒い斑点が出現した腐りかけのマンゴーで十分です。

 

ライチも9,000円程でした。

現地だったら、100元程だったと思います。

 

仕事のことなど考えず、朝起きて市場に行って果物を買い、

ナイフで切っていただく。

 

台湾果物を食べるなら、お取り寄せよりも、

長い滞在中にいただく方が、圧倒的に有意義です。

 

来年は記帳指導などはもうやらないから、

来年解禁されるであろう、旅行の為にとっておこう。

 

 まとめ

今年は果物を何度か取り寄せましたが、

現地でいただくあの高揚感がイマイチなく。。。

 

現地で買って冷蔵庫で冷やして、翌朝ウキウキしながらマンゴーや

ドラゴンフルーツ、パインやパッションをいただく。。

 

やっぱり現地で食べた方が圧倒的に美味しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です