今年も確定申告の受付を終了。確定申告は6割から7割の労力で。

20日をもって、所得税の確定申告の受付を終了しました。

受注した件数は、令和2年と同じ件数です。

 

申告時期としては、決して多い量ではありません。

欲張っても、いいことが無い事はわかっています。

 

6割から7割程度の労力でいければいいと思っています。

 

 

琵琶湖の水位も−0.43まで回復!

 

 今年最後のサイクリング

今日は今年最後のサイクリング。

 

来週の帰省と雪の予報があったため、

ここぞとばかりの快晴の今日、最後のサイクリング。

 

琵琶湖の水位も−0.7から−0.43まで回復し、

干上がっていた場所も水に浸かっていました。

 

僕はこの景色を見る為だけに、

くそ寒い中、米原長浜まで向かいます。

 

1月2月の寒い時期も、青い風景を見たいよね。

 

 

 

税理士試験に合格した30歳の時に開業していたら、

僕は忙しく仕事する事を求めたのかもしれません。

 

男女性別問わず、そういう年齢の時って、

みんな必ずあるはずです。

 

しかし、39歳になった今は(今も?)、

6割から7割程度の労力で幅を持たせた仕事量が、

程良いと実感するようになりました。

 

令和2年で受付があった方のリピートの他、

個別税務相談からの受付に繋がった方、

またHPの税務投稿を見た方からのお問い合わせなど。

 

全て僕にとって理想的な受注でした。

 

 申告時期のストレスは嫌

令和2年の確定申告のお問い合わせは、

年明けの1月が一番多かったように感じます。

 

年末で既に締め切っていたので、

せっかくの機会だったのに、

全てごめんなさい。ということに。。

 

もっともっとお金を稼ぐのであれば、

快く引き受けるべきなのでしょう。

 

そこから大きな可能性の結びつくこともあり、

みすみす機会を手放すのもどうかな?と。。。

 

しかし、僕は確定申告特有のあのイライラ感が嫌いなのです。

 

資料がこない。

資料が遅い。

資料が違う。

連絡がない。

 

会計事務所に約10年勤務してわかりました。

 

それらのストレスは、例えレベル1の問題であっても、

人間の正常な判断を誤らせることがあります。

 

だからゆったりする為に、6割から7割の労力で十分です。

 

 まとめ

寒い時期の琵琶湖は澄んでいて本当に綺麗ですね。

今日は快晴でしたが、長浜は10度くらい。

 

平日ということもありましたが、

ロードバイクですれ違った方が殆どいませんでした。

 

サイクリングを観光資源にするのであれば、

〇〇市などの特定の市だけではなく、

滋賀県内全ての市町村が連携・協力して

盛り上げるべきだと確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。