有名な方が講師にやってくる。2年ぶりに青税に行ってみようかな?

昨年1月に入会して以降、一度も行ってない青税。

美味しいものが食べれるから行っただけの青税。

 

今年は仕方なく継続したものの、

全く行かないから、会費が勿体ない。

 

来年度こそやめようと思い、先日意思表示した所、

1月の懇親会と研修のメールが。。。

 

おっ!井〇〇〇さんが研修の講師なの?

随分がんばったじゃない。

 

懇親会ではきっと美味しいものが提供されると予測し、

2年ぶりに(2回目)に青税に参加することにしました。

 

 

 一度も青税に参加しない

約2年前、美味しいものが無料で食べれると騙されて

そそくさと参加した青税。

 

入会したものの、ちょっと苦手な空気感だったので、

1度参加しただけで、この2年間参加していません。

(入会後、コロナの影響もあったのですが。。。)

 

きっと誰も僕のことを覚えていないでしょう。

ええ、懇親会へ行っても、どうせ1人ポツンっすよ!

 

勉強会や研修会においでよ!と誘われますが、

僕は他人が用意した座学の勉強が苦手です。

 

だったら書籍を購入し、1人で黙々する方が有意義です。

 

そんな事もあり、初回無料でフルコースを食した後、

一度も青税に参加しませんでした。

 

 ちょっと場違い感があったかも

しかし理由はそれだけではなく、

当時の僕は、非常に場違い感を覚えたからです。

 

30代の方が殆どでしたが、

みんな凄くご立派でびっくりしました。

 

初参加した2020年1月は、僕は開業初年度。

約半年以上経て、ようやくHPにお問い合わせが来るようになった時。

 

2019年の僕の売上は100,000円。

(年金払えないじゃん。。)

 

周囲の年収のお話を耳にして、

ちょっと嫌になってしまった自分がいました。

そういう集団の会話が苦手な人っているよね。(オレ)

 

コロナ禍で忘れかけていましたが、

人と触れ合うって、そういうことですよね。

 

開業した直後、とある大阪で開催された起業懇親会に参加した際、

寝てないアピール。

仕事獲得しましたアピール。

このあと打ち合わせありますアピール。

 

僕は大阪の旨いたこ焼き屋さんを聞いたのに、

誰も相手にしてくれませんでした。

 

高校生や大学生のような承認欲求の攻撃を、

まさか開業してまで味わうとは思いませんでした。

 

だからそういう雰囲気オーラを感じる場への参加は、

自分から遠ざかっていました。

 

自分が年収100,000円の状況だと、

分かっていたとはいえ、

そう感じてしまうのが、正直な思いでした。

 

 一度は目にしたかった講師

今回は一度、自分の目で見てみたい方が講師なので、

ホテルのフルコースと一石二鳥ということで、

参加しますメールを初めてしました。

 

ああ、やだな。

懇親会ではきっと、みんな和気あいあいなのでしょう。

 

僕はそういう時に、愛想笑いができるほど、

コミュニケーション能力が高くありません。

 

周囲は知らない方ばかりでしょうから、

1人黙々とフルコースを味わうだけでしょう。

(1人黙々フルコースは意外に楽しかったりします。)

 

しかし、せっかく有名な方が講師なのだから、

美味しいものをいただけると思えば、

非常に恵まれた幸福な機会です。

 

初めて著作を手にした時からもう6年も経過しているから、

きっと話題もガラッと変わっているんでしょう。

 

1月の青税を楽しみにしながら、

おごと温泉風俗街へ行く準備を今しています。

 

 まとめ

そして勉強会懇親会等には、

10,000円会費がかかる事が発覚!

 

はやとちりをしてしまい、

普段なら見落とさぬミスをしてしまいました。

 

しかし、良い機会ですので、これが最後だと思い、

青税に参加することにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。