静岡の名店 うなぎの桜家。三島の鰻といえば行列必死のうなぎの桜家。ふっくらフワフワたまらない。

静岡の鰻といえば浜松!

だけではありません!

 

静岡県の鰻の第2の市町村というと、三島市。

三島には鰻が美味しいお店がひしめきます。

 

平日でも行列ができる有名店といえば、

うなぎ桜家。

 

ふっくら鰻をいただくなら、

桜家ははずせません。

 

 

 うなぎ 桜家 基本情報

住所は静岡県三島市広小路町13−2。

三島駅から15分程度歩きます。

 

新幹線の三島駅は在来線三島と直結なので、

静岡から新幹線へ行けちゃいます。

 

 

三島駅から桜家まで歩くと、

他にも鰻の有名店を通り過ぎます。

 

どのお店もとっても美味しい。

しかし、まずは桜家へ行く方がベター。

 

三島大社へ行くのなら、

開店と同時に桜家へ行くコースが最適です。

 

 

 

 

店内は1階席と2階席があります。

行列になりますが、収容人数が多くいのが特徴。

 

11時開店ですが、僕が到着した10時45分は、

既に行列で待ち構える方々が。。。

 

しかし、11時には2階席へ案内され、

開店と同時に入店できました。

 

11時以降に並ぶと、そこそこ待つことになります。

しかし!待つだけの価値があります!

 

 実食

メニューです。

鰻2枚7,800円。

迷わずこれをいただきます。

 

 

 

 

関西のうな重と比較すると、

静岡のうな重は、ご飯が多めです。

 

関西の大盛が、静岡の普通ですので、

ご飯ちょっと少なめをオーダー。

 

あらら、綺麗だよ。美しいよう。たまらんよ。

 

 

 

 

このつやつやが食欲をそそります。

においが。。。たまらない。。

 

せっかく2枚もあるんだから、

一枚はうなぎ単体でいただきますよ。

 

 

 

 

ふっくらふっくら柔らか鰻は最高。

あっさり系のタレは、鰻の脂の甘さを引き立てます。

 

ご飯とも一緒にいただきます。

鰻2枚もあると、存分に鰻を楽しめます。

 

半分食べてしまった後も、

まだ鰻が1枚あります。

 

 

 

 

蛇足は不要。

鰻の白身と脂が美味しい。

 

沈黙しながら、一気にガツガツ。

 

ふっくらふっくら鰻を喰らうなら、

うなぎの桜家で間違いない。

 

新幹線で訪問する価値あるお店です。

 

 まとめ

今回は三島市のうなぎの桜家を投稿しました。

静岡へ帰省中、突然食べたくなり、

予定変更して新幹線で三島まで。

 

うなぎを食べるだけでも、価値があります。

 

ちなみに新幹線で行く場合、

JR線三島駅の改札駅を出るには、

入場券が必要という謎の出来事が。

 

しかし、帰りは入場券は不要だったという、

何だかよくわからないシステムが。。

 

とにかくうなぎの桜家は、

新幹線で訪問するにふさわしいお店です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。