京都の名店 福到 FUDAO 台湾茶。日月潭紅玉紅茶とネットリ鳳梨酥は最高のランチ。

滋賀県へ転居して以降、

京都に本格台湾のお店が出現している。

 

そこで以前から気になっていた、

福到 FUDAO 台湾茶へ訪問。

 

週末は混み合うようですが、

平日の民の特権として、ゆっくり味わいました。

 

開店と同時に一番のりです。。

 

 

 

 

福到 FUDAO 台湾茶 基本情報

住所は京都府京都市左京区田中下柳町9−3。

 

出町ふたばで並び大福を食いつつ訪問すると、

開店時間11時にぴったり。

 

三条からゆっくり歩いても良し。

最近、四条をよんじょうではなく、

しじょうと読むと知りました。

 

 

 

 

店内です。

テーブル席が7席程。

カウンター席もありました。

台湾茶や小物が販売されています。

 

 

 

 

メニューの一部です。

台湾らしいランチセット。

 

価格は現地の2.5倍程度ですが、

日本なので仕方ありません。

 

でも、本格台湾が楽しめるのなら、

お安いものです。

 

 

 

 

ダンビンです。

いいね。

1人旅の朝食といったらこれでしょう。

 

 

 

 

台湾お菓子も並びます。

ロンガンのマフィンって珍しい。

喫茶タイムにも利用したいですね。

 

 

 

 

 実食

ダンビンのお茶セット。

パイナップルケーキと葱焼餅をつけました。

 

お茶は日月潭紅玉紅茶です。

紅玉紅茶は日本で中々手に入らない。

ここは絶対に紅玉紅茶でしょうね。

 

紅玉紅茶はアッサム系。

ミルクティーによく合います。

 

僕はよく食後にヨーグルトやチーズを食べる時、

紅玉紅茶と一緒に頂きます。

 

口の中がまるでミルクティーになるから。

だからチーズケーキやバニラアイスと相性抜群。

 

 

台湾茶は4せん目までいけます。

足りなくなったらお湯を使いしてもらいます。

 

 

 

 

 

ダンビンです。

こういうのが台湾料理ですよ。

 

すごく高級なダンビン。

ああ、幸せ。

 

 

 

 

葱焼餅です。

カリット香ばしくて美味しい。

 

焼葱餅と言えば、宜蘭の羅東。

また行きたいね。

 

 

 

 

大好きなパイナップルケーキ。

これはとっても上品で濃厚。

 

 

 

 

ねっとり甘いから、

冬瓜使用?と聞いたら、

冬瓜は使用してないとのことです。

 

純粋な土鳳梨酥ですが、

酸味よりも甘みが強い。

 

 

 

 

体が融解度に一気に到達し、

意識が吹っ飛ぶくらい幸せでした。

 

 まとめ

今回は福到 FUDAO 台湾茶を投稿しました。

本当の台湾料理で最高。

 

思わず紅玉紅茶の茶葉30g(2,200円)を

購入してしまいました。

 

次回はまた平日に行って、

ランチを堪能しよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。