おいしい広島 みこと屋。宮島の食堂の黄金穴子重。厳島神社より黄金穴子重へ行くべし。

広島観光ではもちろん宮島へ。

ええ、宮島と言えば、厳島神社。

 

しかし、この僕が厳島神社へ行くはずありません。

(日本の城をはじめ、復元には興味ない。)

 

宮島へ行った目的は弥山の登山。

 

 

 

 

そして、みこと屋の黄金穴子重です。

 

 

 

 みこと屋 基本情報

住所は広島県廿日市市宮島町785。

宮島の賑やかでメインの通りからは離れています。

 

 

 

宮島へ行ったら厳島神社より、

絶対に弥山の登山がいい!

 

とっても爽快です。

 

 

 

 

そして腹が減ったら穴子飯へ。

 

穴子飯で有名なお店は、

賑やかな通りに集中。

 

みこと屋さんは、どちらかというと、

普通の食堂です。

 

 

 

 

ワガママな僕は、

通りすがりの広島の方に聞きます。

 

オレ「穴子飯食いたい。最も真価が高い店は?」

広島人(タクシー)「ここ。(みこと屋)」

 

普通の定食屋さんのようですが、

店内とってもきれい。

 

 

 

 

席はカウンター席とテーブルを含め、

数席程のこぢんまりとしたお店。

 

 

 

 

普通の定食屋さんのようです。

ここは黄金穴子重をいただくしかありません。

 

実食

黄金穴子重です。

なるほど!

 

 

 

穴子の上に厚焼玉子なのですね。

一日分のタンパク質を優に上回る量。

これは初めて目にする光景。

 

 

 

 

穴子と厚焼き玉子の香りが絶妙です。

穴子と一緒にいただきます。

 

ああ。美味しい。

フンワリした厚焼き玉子が、

穴子とよく合います。

 

 

 

 

程良い甘みのタレは、

卵の甘さとケンカしません。

 

穴子はどちらかというと、淡泊な味わい。

 

だから寿司屋さんでは、

タレの甘みが強い傾向があります。

 

タレの味が強いと、穴子を食っているのか、

タレを食っているのかわからないことも。

(特に駅弁ではその傾向が。。。)

 

その甘みを厚焼き玉子で補うとは、

なんて粋な心掛けなのでしょう。

 

 

 

とっても贅沢で美味しい。

こんな食べ方があったのですね。

 

美味しいのよ。

登山した後だったから、余計に美味しい。

 

玉子の焼き加減が最高なのよ。

たまんないっすよ。

 

宮島に行ったら、観光ブックの穴子飯屋ではなく、

みこと屋が絶対におすすめです。

 

こぢんまりとしたお店でですが、

アットホームで、味わいは絶品です。

 

 

 まとめ

今回は宮島のみこと屋さんを投稿しました。

宮島へ行ったら厳島神社は面白くありません。

 

弥山の登山と、みこと屋の穴子飯です。

もう本当に最高!

 

楽しい登山と穴子飯でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。