オンラインセミナーをリリースして1年。全く宣伝していない開業セミナーの実績について。

今日はオンラインセミナーを実施しました。

この3年間の開業実績セミナーです。

 

昨年4月リリース以来、

全く宣伝広告していません。

このHPのメニューにあるだけです。

 

SNSもやっていませんし、

僕の知り合いの税理士は2名しかいませんし、

何の輪にも属していません。

 

全くアナウンスしない場合の実績は、

この1年3カ月で4名です。

 

 

 

 

相方が在宅ワークの日は夕食を一緒に食べます。

当然オレが作ります。

開業した目的は相方と暮らすため。

税理士として社会貢献なんてしません。

相方の為に、オレは税理士資格を活用します。

 

ほぼ雑談セミナーは今まで受講者4名

オンラインセミナーの受付は、昨年の11月。

その後今年1月、4月、そして今日でした。

 

対象者は税理士を開業していない全ての方です。

僕は基本何も資料を用意しません。

 

3年間の損益と若干のスライドです。

 

参加者とのマンツーマンの雑談形式であり、

参加者が質問等を問いかけないと、

セミナーは機能しません。

 

完全に参加者任せで他力本願のセミナー。

だから本日を含めて4名しか受付がありませんでした。

 

ダメな税理士の話でもいいじゃない

僕が実施したセミナーの目的は、

きっとダメな開業税理士の話を聞きたい。

という人もいると思ったからです。

 

僕自身が開業する3年前も、

開業するセミナー等はありましたが、

食っていけるようになった方のセミナーばかり。

 

僕は性格が悪いので、

食っていけない人にマンツーマンで一方的に色々聞きたい!

と変な想いを抱えていました。

 

だってさ、フェアじゃないじゃない。

対照実験の大いなる原則です。

 

そこでセミナーのコンセプトは、

僕以下にならないから大丈夫です。

安心して開業されてください。

 

というネガティブキャンペーンがメインです。

 

僕は毎年売上も所得も増加しています。

 

この5カ月で、昨年比を上回っていますが、

売上総額は周囲の税理士に遠く及びません。

 

普通の神経の人間なら、

人様に公開できないレベルです。

 

だから全く人気が無く、

なかなかセミナー収益もあがりません。

 

セミナー開催して嬉しかったこと

参加された税理士さんは、

その後皆独立されました。

 

実際に会った方もいますし、

ブログをされている方の場合、

定期的に拝見している方もいます。

 

他人の事を言える力量はありませんが、

開業直後の方のブログは、当たり障りないことばかりで、

なるほど、読んでいてツマラナイなあと感じます。

(ああ、ごめんさない。)

 

既に1年目からバリバリ業務をこなしている方もおり、

本当にエネルギーがあって凄いなあと。

 

僕だったらおそらく、

日本一周旅行をしてしまいます。

 

参加者は僕の1年目の売上高が、

100,000円だった事を知っています。

 

国民年金も支払えません。

 

こんなアホに税理士なるまい。

と奮起されたのかもしれません。

 

彼らのような真面目な税理士さんが、

きっと日本を支えていくのでしょうね。

 

そして踏み台にもならない僕を踏み台にしつつ、

税理士資格の維持に貢献するのでしょう。

 

すっかり追い抜かれそうな感じですが、

参加者から告げられて嬉しかった事があります。

 

楽しそう。という一言です。

 

今が楽しい

この3年間は仕事面でいうと、

他の税理士さんより圧倒的に下にいます。

 

所得税の確定申告は恣意的に受注を減らし、

昨年も今年も17件でストップしました。

(晩飯の準備できないと嫌になってしまうから。。。。)

 

毎日バリバリ仕事をして収益を上げないと

税務スキルは身につきません。

 

この3年間は新しくレベルが高く、

また難易度が高いスキルは身につかず。。。

 

税理士としての税務スキルには悩む一方です。

 

難易度の高い組織再編税制や特定外国子会社、

規模が大きい法人の留保金課税や外形標準課税など、

それらを経験したい想いは今なお残っています。

 

現状はまだ100%ネット集客です。

 

しかし、それでは大きな収益や新規顧客バンバンは望めません。

アホなオレでも悩むことはありますが。。。

 

それでもサラリーマンの時より楽しいです。

 

税理士資格を社会貢献の為ではなく、

相方と一緒に暮らす為の手段として利用しましたが、

それで良かったと思っています。

 

思い返してみても、今の方が楽しいです。

心配事は後からすればいいと思っています。

 

今後もセミナーは継続しますが、

広告宣伝はHPのメニューでしか行いません。

 

 まとめ

サラリーマンの相方を、

できるだけ楽しくさせてあげたいと思っています。

 

子孫を作る事はできないので、

せめてオレが人生を豊かさせたいと思っています。

 

そういう手段で税理士資格を活用(独立)しましたが、

悪くなかったと思っています。

 

ところが先日、

「隔日で情事をするのはさすがに疲れる。続かん。

 勘弁しろ。チンカス野郎。」

という指摘が。。。。

 

楽しさの中にも苦悶が介在しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。